« 水漏れ | トップページ | 学生の研究 »

2013年2月 8日 (金)

学生のコンピューター

仕事柄、よくコンピューターを使います。実は実験室で分析計用に使うコンピューターの多くはソフトウェアやハードウェアの制約の為に新しいコンピューターを使えない事が多く、その為にそれらのコンピューターの事も考えて常に古いコンピューターの部品をある程度は手元に置いておく様にしています。また、コンピューターが壊れてしまったらその壊れたコンピューターから部品を念のために取っておく、と言う事も普通にしています。

他にもどこかの研究室やオフィスで大掃除をして古いコンピューターや部品を放出しているのを見てそれらを持って来る事もあります。馬鹿みたいな話ですが、実はそういうアップグレードをしているので実験室の分析計に使われているコンピューターにはもう何年もほとんどお金を使っていません。それにも関わらず、二年程前には実験室にある分析計用のコンピューターをすべて液晶モニターに交換したり、という事もしています。

その為に僕のオフィスにはいろいろと部品があるのですが(まあオフィスではない所にも隠してあったりもしますけど)、それを見て時々、学生がコンピューターを持ち込んで来たりもします。

例えば、十一月頃によく知っている学生のLV君が古いコンピューターを一台持ってきました。実はこのLV君、二年程前に卒業はしていますがどうしても医学部に入りたいのでフルタイムで働いていた仕事を辞めて(学校の先生をしていました)バイトをしながら医学部への応募に必要な単位の授業などを取っています。このコンピューター、2004年型の初代のiMac G5なのでかなり古い物…。聞けば、「働いていた学校の物置にあったのをもらってきた」との事。ところが、起動しない。それで僕の所に持ち込む事になったのです。この場合はハードディスクがイカレてしまったので交換するしかありません。が、手元に適当なハードディスクがない…。結局、その時はそのまま保留で、ずっと僕のオフィスに置きっぱなしになっていましたが、先月、家のコンピューターをアップグレードした時

に交換された500 GBのハードディスクをあげる事にしました。三年落ちの使い回したハードディスクの中古価格なんてたかが知れていますから、まだ知り合いの学生にあげたほうがいいだろう、と判断をしたからです。そこで、先日、ようやくにしてそのハードディスクをインストールしてOSをインストールして、という事をしました。

Imacg5
先日もこういう事がありました。うちの学部で働いている学生の一人が「少し、時間がありますか?」とやってきました。聞けば、彼女のラップトップが無線LANに繋がらない、との事。実はこの学生のコンピューター、三ヶ月程前に一度同じような問題があるので見た事があります。ところが、今回はどうやら無線LANのネットワーク・アダプターがイカレてしまったのかコンピューターが認識すらしていません。しばらくいじった後で結局、これは無理、と判断をしてそれからではどうしたらいいのか?と考える事に。そこで思い出したのが夏に物理学が実験室の掃除をしていた時に拾ってきたUSBの無線LANアダプター。何かの時に使えるかな?と思って拾ってきた物ですがそれがオフィスに転がっているのでそれを使う事に。Windows 7に対応しているドライバーを捜すのに少し時間がかかりましたがちゃんと認識してくれてちゃんと使える様になりました。二日ほどしてからその子を見かけたので聞いたら「大丈夫」との事。

こういう学生から僕は基本的にはお金を取らない事にしています。まあそもそもそれほどたくさんの依頼があるわけでもなく、宣伝もしていません。ただ、持ってくれば保障はしないけど見てあげるよ、という程度なのでお金を取るまでもないし場合によっては応急処置しかできない事もありますし、何日もかかる事もあるのでそれで十分、と僕は思っています。

そういう学生の中にはそのうちに「お礼」として物を持ってきたりする事もあります。だいたいは食べ物とかなのですが二度程学生がお酒をお礼に持ってきた事があります。実はこのお酒、どちらも同じ学生からもらった物で一年に二回程コンピューターの修理をしたらお礼にどちらもお酒を持ってきました。家に持って帰る気にもならず、結局オフィスに置きっぱなしになっています。当然、オフィスにあるので飲まれる速度もあまりなく(しかし、ちゃんと開封されていて時々、飲まれる事があったりして)、これで数年になりますがまだちゃんとオフィスにあったりもします。余談ですがオフィスにお酒を置いているのは僕だけか、と思っていたら先日、ある別の先生がオフィスにライ・ウィスキーを持っている事を知りました。別にオフィスにお酒を置いておいてはいけない、という規則があるわけではないからいいか、と僕は個人的には思っています(まあ大学には酒気帯びで教えてはいけない、という規則はあるそうですけど)。

時々、学生の中には「今度持って来るから見て欲しい」という子がいますがそういう子にかぎって全然持ってこなかったりという事もあります。以前はIT部門が有料で学生のコンピューターの修理とかをしていたのですが数年前にそれもしなくなったとの話です。多分、仕事の割には儲けが少ないし評判も悪いからなのだと思われますが詳細は不明です。でもだからと言って僕の所に持ち込む学生が増えたわけでもありませんし…。まあ知っている学生しか持ち込みませんし、たかが知れてはいます。全く知らない学生が持ち込んで来た事はないから何とも言えませんけど…。知らない学生だったら修理するかなぁ?少しそれは疑問ですね。

« 水漏れ | トップページ | 学生の研究 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537785/49261311

この記事へのトラックバック一覧です: 学生のコンピューター:

« 水漏れ | トップページ | 学生の研究 »