« 英語にならない日本語(その2) | トップページ | サウスダコタへ »

2013年3月18日 (月)

またまたドレスリハーサル(2013年春)

先日も少し書いた様に、今春の化学のショーは六年ぶりだかの遠征になります。その遠征も今週の木曜日に迫った今日はショーのドレスリハーサル。実はここまで到達するのが今回は本当に難しかった。練習を始めたのは二月二十日頃なのですがそれって考えてみると実際の公演の一月前。だからまだまだ余裕があるつもりだったのですが考えてみると先週の春休みがあるので実際に練習のできる日にちはそれほどありません。しかも春休みに近くなるに従って、学生の方が試験があるので忙しくなっていくのでなかなか練習にもなりません。結局、最後の練習は今朝までもつれ込む事になってしまいました。

実は今朝の練習の題目はそもそも一度、全員で練習をしたのですが全く話にならない状態。そこで数日後に練習のスケジュールを入れたら一人がやって来ない(どうやら病気だったらしいのですが…)。それで仕方がないからもう一度春休みに入る前日の金曜日の夕方にしたら今度は別の子がやって来ない(忘れていたらしい)。その段階でその題目の四人が春休みにいつ帰って来るのかを聞いた所、春休みの最後の土曜日の四時なら間に合う、との事で土曜日の四時に練習を入れる事に。最終的にはその土曜日の四時も一人(病気だった子)がオマハにまだ戻っていない事が四時を過ぎてから発覚。仕方がないから今朝にさらに延期となりました。

実はリハーサル前に僕はたくさんする事があってできればリハーサル前にそういう事をしたくなかったのですがこうなると背に腹は代えられません。しかたがないから元々は九時過ぎに来る予定だったのを七時過ぎに変更します。そうでもしないと間に合わない、と思ったからです。リハーサルをする講堂の準備は僕の仕事なのでそれからまず取りかかります。結局、必要な事がすべて終了したのは十時過ぎ。一人で講堂の準備をすると結構、時間がかかってしまいます。でもそれも誰かがやらなくてはならない事なので仕方がありません。ちょうど終了したあたりで今度は学生たちがゆるゆるとやって来ます。そうなるともう何もできません。学生たちの対応に追われて何もできなくなるからです。さて、練習がなっていない題目はどうなったか?本来は十一時からのはずが結局何をたらたらとしていたのか準備ができたのは十二時過ぎ。その頃にはすでに他の題目の設定が始まっていて、無理に「今から練習をさせる」と事情を説明してようやく練習になりました。それもようやく及第、といった程度…。でもとりあえず間違ってはいないのでなんとかリハーサルに通過させます。

さて、本来はリハーサルは十二時に始まるはずなのですが今回は学生たちがやってきたのがそもそも遅かったのでなかなかまとまりません。結局、ようやく全部の準備が終了してリハーサルが実際に始まったのは二時過ぎ。それからまずリハーサルの第一弾を薬品を使わずにするのですがこれになんと一時間半もかかってしまいました。本来の時間は一時間ですからエライ時間がかかった物です。それからすぐに薬品を使ったリハーサルに取りかかり、終了したら結局五時過ぎ。特に大きな間違いはなかったのですがあっという間に気がついたら夕方…。今回は実際の公演が遠隔地なのでリハーサルの後で講堂の後片付けをしなければなりません。その為に普段のリハーサルの倍以上の時間がかかってようやく終了。結局、全部が終了するのに一時間半ぐらいかかってしまいました。

今回のリハーサルは最終的には普段の二倍程度の時間がかかってしまいました。実の所を言えば僕が陣頭指揮を取っていたら遅くとも四時半には終了していたはずですからエラいな違いです。GM先生っておそらく時間の感覚がやはり鈍いと僕は思うのですね。今日も十二時のリハーサルにやって来たのが十時半すぎでしたし…。それから結局自分の題目の準備に一時間以上かけていたのでプロデューサーがそもそも十二時に間に合っていなかったのですから…。まあ僕もその事を考えて先にある程度の手を打ってはいたのですが予想以上に今日は段取りに時間がかかってしまいました。

ともあれ、無事に終了。それほど悪いリハーサルではなかったのですが決していいリハーサルでもありませんでした。別にどこが特におかしかったという事はないのですけどね。また、時間の関係上から数名、リハーサルの途中で帰らなければならなかった学生もいたのでそれもまたある程度の混乱を招きました。まあ一番の混乱は今回の様に遠征で公演をする時は人数に制限があるのでキャスト一人当たり平均で四つの題目を受け持っています。そうなるとやはりかなり混乱が起りやすくなるという事かと思います。何しろ、各々の題目以外にショーの間に舞台裏でいろいろと仕事があるのですがそれが誰が何をするかの分担はしてあるのですがそれを理解できる様になるまでにある程度の時間がかかります。その為に最初のリハーサルは一時間半も時間がかかる事になったのだと思われます。

残念ながら、片付けが全部が終了してからも僕はまだ終わりではありません。今日のリハーサルのビデオをウェブに載せなければならないからです。結局それが終了したのは七時過ぎ。興味がある方はこちらをどうぞ。それにしても疲れた。明日はきっと体のあちこちが痛いのだろうなぁ…。

« 英語にならない日本語(その2) | トップページ | サウスダコタへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537785/50819641

この記事へのトラックバック一覧です: またまたドレスリハーサル(2013年春):

« 英語にならない日本語(その2) | トップページ | サウスダコタへ »