« 聖アルベルトゥスの日 | トップページ | 「二郎は鮨の夢を見る」 »

2013年3月28日 (木)

携帯電話の乗り換え

先週、サウスダコタに行っていた時、妙な事に気がつきました。僕のiPhoneは圏外では無いのですが、何故か全く電話の送受信ができません。少なくとも無線LANがある所からはVonage Mobileを使って電話をかける事ができる(しかも無料!)のですが、電話を受ける事だけはどうしてもできません。

僕はアメリカ国外に行く事がまああるのでその関係からどうしてもGSMタイプの電話を使うのですがそうなるとアメリカ国内での選択肢は基本的にはAT&TかT-Mobile(及びその仮想移動体通信事業者)になってしまいます。ところがオマハではT-Mobileは事実上、使えないので(オマハに基地局がないのです)、実際にはAT&Tしか選択肢は基本的にはありません。AT&TのネットワークはVerizonと比べると田舎の方でしょぼいのでただ単に僕がサウスダコタという田舎にいるからか?と最初は思っていましたが、そのうちにふと気がついた事があります。

一月の終わりに銀行が手違いからATMデビット/クレジットカードが届くのが遅れてしまった事を覚えているでしょうか?最終的にはそのブログの記事を書いた直後に新しいカードが届いたのですが実はこれが原因だったらしいです。この時に僕はカードで自動支払いの物は全部変更したと思っていたのですが実は携帯電話だけは変えるのを忘れていたのです。これによって支払いが停止したのでサービスもそのうち止まる、という事態が発生していた様です。

で、銀行の口座を確認したところ最後に引きおとされたのは十二月末。多分、本来ならば一月末にもちゃんと引き落とされるべきだったのでしょうが、銀行の兄ちゃんがいい加減な事を言って一月末に使えていたカードが無効扱いになったのでその為におそらく引き落とされなかった物と思われます。電話の履歴を見ると少なくとも今月の頭にはまだ電話が使えた様ですから最後の料金の引き落としから一月ちょっと程は使えていた計算になります。おそらく溜め込んでいて使われなかった残高分が使われていたのだろうな、と思われますが定かではありません(そういう課金を請求されないのも不思議)。

さて、ではどうしようか、と少し考えて結局、携帯電話の会社を乗り換える事にしました。元々、僕はAT&Tのネットワークを使う仮想移動体通信事業のSIMカードをiPhoneで使っていたのですがしばらく前にiPhoneで使う様に、と思って別の会社のSIM(同じくAT&Tの回線を使用)を買っておいた物があったからです。それをようやくアクティベートして使う事にしました。これまでの会社がこちら。今回のがこちら。iPhone 5はナノSIMを使っているのでまずはSIMを切る事から始めます。僕はSIMを切るのにSIMカッターを使っているのでカッターに装着して勢いよくカッターを下ろして切ります。それからナノSIMは若干、薄いのでサンドペーパーで少し削って薄くしてから装着です(実は薄くしなくても装着できるのですけど…)。

料金はこれまで一月あたり25ドルだったのが45ドルに増加。しかし、その代わりにデータが使い放題になります。これまでのプランでは一月あたりに使えるデータがたった80 MBだった事を考えるとエラい違いです。これまでは極力パケットデータを使わない様にする為にパケットデータを普段は切ってあったのですがもうあえて切らない様にしました。そうする必要性がないからです。基本的には電話番号も変更になるのですが僕の場合は公表している電話番号がGoogle Voiceの番号なので新しい電話番号をGoogle Voiceに登録しておしまい。基本的には僕が新しいSIMになった事はこれで誰にもわかりません。

で、実際に使ってみて感想は、と言えばまず、データを気にしなくていいのはいいですね。これまでは外出先でデータの関係で使う事がまず無かったのがこれでその問題が解決(しかし、日常的には無線LANが完備している自宅と職場以外に行く所はスーパーぐらい…。とても使うとは思えない)。それでも物は試し、と思い先日スーパーから家までの間をマップを使ってカーナビ代わりに使用しては見ました(意味がないなぁ)。他にもこれまでデータが切ってあったので使えなかったサービスが使えたりとまあ便利ではあります。

もう一つ発見した事実は電話をかける時、少し楽になったようです。当然の様に、僕はGoogle Voiceを通じて電話をかける事になるのですがどういうわけかこれまではGoogle VoiceのiPhoneアプリを使ってかけるとほぼ間違いなくかけた電話と違う番号をかける事になっていました。これはそういう物だ、とあきらめていたのですが(だからVonage Mobileを使うのですが)新しいSIMになってからはその頻度がどうやら減ったようです。これはこれでうれしい所です。

反対にこの数日で気がついたのが電池の減りが早くなった事。おそらくこちらはデータが常につながっている為ではないか、と思われますが詳細は不明。やはり職場では切ってしまった方がいいのかもしれません(がそれほど実害がない程度なのでとりあえずは保留)。まあ便利さと引き換え、と思ったら妥当なところなのかも知れません。ともあれ、しばらくはこの新しい携帯電話会社のSIMでやっていこう、と思っています(でも多分、LTEのプリペイドができたら乗り換えを考えるかもしれませんけど)。

« 聖アルベルトゥスの日 | トップページ | 「二郎は鮨の夢を見る」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537785/50990111

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話の乗り換え:

« 聖アルベルトゥスの日 | トップページ | 「二郎は鮨の夢を見る」 »