« 擬音語と擬態語 | トップページ | 日本までの道(2013年夏) »

2013年6月24日 (月)

帰国前(2013年夏)

あれこれと忙しくしているうちに帰国前日になってしまいました。それでも仕事の方は基本的には金曜日の昼頃には必要な事は全て終わらせてしまった状態で休暇前にしておかなければならない事が残っていない状態。そういう中、金曜日の午後には昨年の五月に卒業して今はノートルダム大学で生化学の大学院に行っているKちゃんが尋ねて来ました。大学院の方でもうまく行っていて少し安心。僕の方は彼女に逆に元気をもらったりして少し悪いような気までするぐらい。それでもこうやって元教え子が時々やって来るのはうれしい事です。

その金曜日は夕方に帰ってからまずは芝刈り。通常なら芝刈りは土日の午後に、という事が多いのですが金曜日の朝に芝刈りを留守の間にお願いしてある友人と話をしていたら来週の半ばに芝刈りに来る、との事。その時期に来られるという事は週末に芝刈りをしてしまうと短すぎて切る意味がない。かといって放置しておくと今度は長過ぎる可能性がある。というわけで金曜日に芝刈りをする事に決定したのです。その日は暑い日でそういう中で芝刈りをしたから終わったら汗でぐちゃぐちゃ。でも必要な事ではあるのでやっておきました。

さて土曜日の昨日は基本的には必要なものを買い出しに行きました。近年の傾向としてはだいたい、日本に行く前に新しい服を買う事が多く、今回もそうしました。普段着ている物は実験室でもそのままなのでだんだんと穴があいてしまい、ぼろぼろになってしまうのです。さすがにその格好で日本に行くのもまずいだろう、と判断をして日本に行く前に少し服を買い足す様に最近はしています。特にこの二年程は円高の影響で日本で買うという選択肢がほぼできない状態だったので特にアメリカで買う、という事が多いのです。日本でも十分安くないか?と思うかもしれませんが、昨日買いに行った店ではポロシャツが一枚10ドル、ほぼ1000円で売っていたのでこれはさすがにユニクロでも不可能な値段です(調べてみるとユニクロでは二枚で2990円だそうな)。やはりこの手の物はアメリカは安いなあ、と思います。

他にも若干、必要なものがあったので結構オマハをあちこち走り回る事に。最後の店に寄る途中で雨が降り出してきたのですがその帰り、あまり普段通らない道を走っていたら突然、ある所から雨が止んで路面も乾いた状態になりました。ある一点から先は雨が降らなかった様で、急に乾いた状態になっていました。オマハの天気はこういう事がよくあり、少し先まで行ったら雨が降っていなかった、という事はよく聞かれる話ではありますがこれはさすがにあまりにもはっきりと分かれていたので少しビックリしました。何しろ、道を一本渡ったらもう降っていないのですから。

そうやって街中を走り回っていて気がついたのがあちこちで花火販売のテントが張ってある事。そう言えばもうすぐ七月四日のアメリカの独立記念日ですね。それに合わせて花火の販売がもうすぐ始まるからですね。昨年も一昨年も近所の家が四日の日は遅く(というか五日の早朝)までそとでうるさく騒いでいたので今年はそういう事を考えなくてもいいのは利点といえば利点です。アメリカの花火ってそもそもが音の大きいうるさい花火が多い(アメリカ人の好みらしい)上にアメリカ人の多くは人の迷惑になるかも、という意識はないので遅くまで平気な顔で花火をしてその上で遅くまで庭で飲みながら話をする、という人たちが近所にいると迷惑もいいところ…。僕の場合は祝日や週末でもまあ普通に仕事に行く傾向にあるのでそうなると迷惑もいい所です。一昨年は七月四日は月曜日だったので三連休。昨年に至っては水曜日なので「翌日働かないのか?」とすごい疑問なのですが(多分、働かないのだと思われますけど…)。今年も四日は木曜日ですがそれでもやはり近所の家(どうやら斜め後ろの家の様ですが未確認)は遅くまで外で騒いでいるのだろうなぁ、と思われます。一番ひどいのがこれが音楽がかけられていてずっとうるさいのではなく、音楽がなくて(もしくは聞こえない程度のレベルで)酒を飲みながら話をしているので時々誰かが大声を上げる、というパターン。その大声を上げられるのがかなわないのですね。今年は留守にするので気にしなくていいですね。

午後になって髭刈りをする事に。基本的には髭刈りは一週間に一度、週末にする様にしていますが何らかの理由でできない(もしくはやらない)事もあり、先週はしなかったので若干、長め。実は先週しなかったのは少し長くしておこう、と思ったからです。どうしてか?実は金沢に戻ってすぐに散髪に行く予定が入っていてその時に髭刈りもプロにしていただく予定になっているからです。それならば少し長めの方が向こうも切りやすいだろう、と判断をしたからです。でも長めにするにはやはり一週間程髭刈りをしなくてそれをそろえておいて、という事をした方がいいな、という判断をしたからです。ではなぜ今になって髭刈りを一度するのか?あまり汚いと再入国する時に怪しいと思われる可能性が高いと経験的にわかっているからです。日本に入る時はある程度ちゃんとした格好の方がいい様です。従って、少し整える程度に長めに髭刈りをする事になります。実はしばらく前に髭刈り用のトリマーを買ったので以前と比べると格段に楽なのですがそれでもハサミで切られるのとトリマーやシェーバーで切られるのでは切られ方が違い、やはりハサミの方がきれいに直角に切っている様で髭が枝毛にならず触っても枝毛が刺さる事がないので痛くありません。これでもまだ僕の買ったブラウンのトリマーはまだちゃんと切ってくれる方で、ずいぶん昔に持っていた国産のトリマーはあまりにひどくすぐ使わなくなりました。やはりこういう物でも違いがあるのですね。

散髪の方は春頃に一度散髪に行ってはいますがアメリカで散髪するとやはり技術がないのかなかなかちゃんとした散髪にしてくれません。僕は適当な長さで長くても気にならない程度ならなんでもいい、というのにそれでもアメリカの散髪に不満があるのでもっとおしゃれな人だったらもっと困るのだろうな、と思われます。一番の不満はそもそも、「このぐらいに切って下さい」と言ってもその長さになる事が滅多にないこと。だいたい、短くされてしまうかずっと長い。長ければその段階でもっと短く、と言えばいいはずなのですがそれをするとまず間違いなくとんでもなく短くされてしまいます。アメリカ人は長さの感覚が半インチ以下ではあやふやな人が多い様で、散髪屋さんでもその様です。だから最近は面倒くさくなってしまって散髪に行っても文句を言わない様にしています。一つには日本に行った時にちゃんとしてもらうからいいや、と思うからという事もあるかと思います。小松空港に到着が午後四時十分なので金沢に到着は六時前。荷物は東京から宅急便で送る予定なので身軽。ならば、と思って友人の方の理容院で予約を取る事にしました。先々週から後ろ髪が長くなってきて暑いなぁ、と思っていたので早く切りたい、と思っているからです。

さて今日は少し仕事をしに昼から職場まで行く事に。と言っても若干の確認と後はいくつかプリントをしたい物があったのと職場に置いてあるパスポートなどの書類の回収に行っただけで長居はしませんでしたけど。また、昼過ぎからにしたのは実は若干の生ゴミの処分を兼ねていたからです。今回は月曜日出発で三週間ちょっと留守にします。僕はあまりゴミを出さない方ですが生ゴミはどうしても出て来ます。で、僕の家は水曜日の朝にゴミ回収なので月曜日出発とかだとゴミをどうするか?という問題が出て来ます。その解決策として今回は先週の水曜日の晩から今日の昼まで出たゴミを職場のゴミ箱で処分してもらってなんとかする事に。オマハは日本ほどゴミがうるさくない所ですし、職場のゴミは最終的に同じゴミ捨て場に行くらしいので問題はないな、と判断をしました。まあある意味これも役得。でもその関係上、昼ご飯を食べるまではどうしようもなかった、という事です。職場で過ごした時間は三十分ぐらい。あまり時間をかけずになんとかします。忘れてはならない物はまずパスポート。次にその他の書類。日本円も必要なので当然、持って行きます。他には例によって携帯式のエスプレッソメーカーとその為のカプセル。オフィスのドアにはしばらく留守にする旨の張り紙をして準備万端。

帰りにホームセンターで除草剤を買って来ます。庭に雑草が生えて来たのでその処理に除草剤を一度撒いておきたいな、と思ったからです。先週末も一度撒いてはいるのですがもっと効果のある物がいいな、と思ったからです。それと同時に裏庭で一月程前に芝の種を撒いてからほぼ毎日、撒水をしていたスプリンクラーを撤去。留守の間に友人が芝刈りに来てもできるだけ楽な様にしておきます。昨年の夏が暑すぎて芝の状態は今年はあまりよくないのでかなり雑草が今年は多いです。アメリカに帰って来たら夏の間はなんとか雑草を押さえて、秋になったら芝の方を何とかしなければ…。

それから洗濯。普段は日曜の夜にする事が多いのですが帰国前はどうしても荷造りをしなければならない関係、前日の昼という事がどうしても多くなります。今回はまさにそのパターン。洗濯が終わってからようやく荷造り。今回はしばらく前に少し大きめのバッグを買ったので少し楽。四月にヨーロッパに出張に行った時は荷物がパンパンで苦労しましたがもうこれで大丈夫。今回は東京で一泊して翌朝、人と会う約束があるのでバッグの中には二日分程の服を別に小さなトートバッグに入れて用意してあります。羽田で荷物を回収したらそこからそのトートバッグを取り出して残りを宅急便で送る予定でいるからです。そうする事により、東京での移動も楽になりますから…。確か、兄の所にも二日分程の服を置いてあるはずですし…。また機内に持ち込むカバンも普段使っている小さなバッグではなく、少し大きめの物。でも預ける荷物の中に普段使う小さなバッグも入れてあり、これも中身を羽田に着いてから交換して身軽になる予定。これも都内で翌日動かなければならないからの知恵。都内ではトートバッグは空港のコインロッカーかどこかに預けてしまうつもりでいます。

実は今回は若干の荷物を既に送ってあります。一つは一週間前に送ったウィスキー二本。こちらはまずシカゴのクロネコヤマト支店まで送ってそれを日本まで送ってもらいます。もう一つは火曜日に郵便で出した小包。だいたい七日から十日程度かかるので水曜日か木曜日程度に到着するはずです。こちらの方はうちの大学のTシャツなど。一緒にしなかったのはいくつか理由がありますが一つにはその方が安いと思ったからです(が実際はどうだった事やら)。ウィスキーの方はこのままでは本人よりも早く着きそうな感じです。どうやら既に成田に到着している様です。日本の運通業者はやはり優秀だな、と少し感心してしまいます。

明日は飛行機の離陸時間が午前十一時と遅いので空港までの送りも割と気兼ねなく頼めます。いつもだと朝六時の飛行機とかで苦労をするのですけどね。もっともその代わりに日本に到着は夜の十一時ですから火曜日到着でもほぼ火曜日でなくなってしまっていますし…。でも考えようによれば二十時間程で日本に到着する計算になりオマハという土地を考えるとまあそれなり。到着が羽田と言うのもある意味うれしくはあります。もう少し早く到着する便を作ってもらったらありがたいのですが…。ともあれ、もうすぐ久しぶりの日本です。

« 擬音語と擬態語 | トップページ | 日本までの道(2013年夏) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537785/52158618

この記事へのトラックバック一覧です: 帰国前(2013年夏):

« 擬音語と擬態語 | トップページ | 日本までの道(2013年夏) »