« 日本までの道(2013年夏) | トップページ | 街を歩く »

2013年6月26日 (水)

東京での一日

さて、東京での夜は予定していたよりもずっと短い夜になってしまいました。ふと目が覚めてしまったのがなんと朝の三時半頃…。起きてしまったらもう眠れません。しかたがないからその場で起きる事に。体があちこち痛かったのでまずはお風呂に入る事にします。ユニットバスの小さな浴槽にお湯をはって久しぶりにお風呂に入ります(アメリカでは浴槽が浅くて入る気にならないので風呂に入る、という事はまずないのです)。

その後、しばらくメールなどをチェックしてからふと思い立って荷物の一部を羽田空港まで持って行ってコインロッカーに入れる事に。日中、東京で人と会う予定があったのであまり大きな荷物を持ち歩きたくなかったからです。ちょうど時間もあるので、という事で羽田空港まで行く事に。考えてみると羽田空港に来たのは今回でおそらく二十年ぶりぐらい。記憶が正しければ最後に来たのはおそらく1990年頃の話。当時は学生で小松空港から羽田まで冬に飛行機に乗って当時まだ東京に住んでいた兄のアパートへ一晩か二晩泊まってからオマハへ帰ったのが最後。従って、羽田もそれ以来大変わりしてしまってほぼ知らない所…。二十年以上だと当たり前と言えば当たり前の事ですね。

さてそれからホテルに戻って朝食を。このホテル、朝食が宿泊客には無料という所。これは食べないわけにはいきません。早く起きてしまったのでちょうど空腹でしたしちょうどいい所。実はこれは羽田に行く途中でエレベーターの中の張り紙を見てようやく気がついたのですがちょうどいい。ちゃんと朝食を食べてそれからようやく出発する事に。

待ち合わせは十時に東京大学の赤門の前。東京に最後にまともに来たのは多分、2002年の春頃の事。当時はまだつくばに住んでいたので時々、週末に来たそれ以来。それ以降は東京は通過した事は何度もありますが東京駅を素通りかもしくは東京で予定外に一泊した程度(飛行機が遅れてその日のうちに金沢に帰れず泣く泣く東京で一泊したのです)。しかも僕の知っている東京は世田谷の一部と新宿、渋谷、東京駅周辺、秋葉原、神田神保町という程度。電車もJR線と地下鉄がわかる程度。羽田一帯はよくわかりません。そう考えて少し早めにホテルを出ます。

結局、途中でJR線に乗り換えて御徒町で降りて後は時間が早かったので歩く事に。それでも赤門前に到着したのは九時四十五分頃。早いなぁ、と思いながら東大の学生の子が来るのを待ちます。しかし、東大の赤門なんて一生縁のない所だと思っていました。

U_tokyo

この東大の学生にはフルフェイスの髭のおじさん、と教えてはあったのですぐに向こうが見つけてくれるだろう、と思ったら案の定、すぐに見つけてくれました。さて、この東大の大学院生、今のポスドクの次にどうか?と思って僕が最近、広島大学の先生から教えてもらった方です。たまたまうちの実験解析グループと同じ内容の解析研究を別の実験で研究をしている学生で、これは、と思ったから東京を通過する関係上、会ってこよう、と思ったのです。本当の事を言えばこの為に旅費の一部がカバーできないか?と交渉したのですが予算が残っていないらしく諦めました(まあそれも色々と裏があるのですが…)。それでも東京で一泊する事には違いがないのでどうせならまあ会ってから帰ろう、となったのです。そうでもしないと今回も東京は一泊しただけで素通りしそうでしたし…。

で、実際に会って話をした所、まあ多分、大丈夫だと思います。元々、ロングアイランドの研究所でしばらく研究をしていた事もあるらしく、知識の方も大丈夫そう。問題は英語がどのぐらいか?という事ですがまあ生活に困らない程度には大丈夫なはず。学生の面倒も研究室の下の子たちの面倒をみたことがないでもなく、ある程度ハードウェアもいじった経験がないでもない。解析の方が大切、となれば多分、大丈夫のはず。CERNの実験の担当になるのでできればLHC加速器が再稼働するまではうちで働きたいとの事(つまり四年ぐらいという事ですね)。メールのやり取りをしていて少し僕は心配をしていたのですが多分、大丈夫。他の条件が同じであれば僕はこの学生の子を勧めたいな、と思っています。

さて、その後はまず秋葉原に少し用事があったので行って来ました。本命はヨドバシカメラ限定の維持費0円のSIMカードところが秋葉原のヨドバシカメラでは売り切れ状態…。今朝早くネットで調べたら在庫有りの状態だったのに…。しかたがないから泣く泣く諦めました。通販で取り寄せるしかありませんね。元々、こちらは実験用に欲しかったのですけどこうなるとどうなるかわかりませんね。他にもいくつかできれば買いたかった物があったのですがどれもこれもことごとく振られてしまい、今回は秋葉原では全く縁がありませんでした。

羽田って東京でも少し外れた方にあるので早めに空港に向かう事にしました。昼食は結局空港の店に入って簡単に済ませる事に。その後、コインロッカーの荷物を回収してすこし空港内を見て廻ってチェックインして搭乗口まで進みます。少し時間があったので羽田空港でメールの返信などをしておきます。ボスからメールが今朝きていたのでその返信をしておきたかったのです。東京はその頃までには大雨。やれやれ、です。

Plane

程なく搭乗時間がやってきて無事搭乗。大雨の中、小松空港までの飛行機に乗ります。離陸前にふと外を見るとエンジンのすぐ下に渦巻きが発生していました。

Vortex

エンジンの回転によって生じるようですが雨の日だからこそ見れたもの。面白いな、としばし見つめてしまいました。雲の上は青空。下界で大雨が信じられないぐらいでした。

Bluesky
小松までの飛行機はガラガラ。半分以下の席しか埋まっていませんでした。たまにはこういうガラガラの飛行機もいいな、と思いました。アメリカだと航空会社はこういう便は廃止して便数を減らす事によって乗客率を増やすのだろうな、と思われます…。利益追求も行き過ぎると、と思うのですが…。

小松空港では今回は荷物も預けてないのですぐにバス乗り場まで向かいます。今回は途中で香林坊による予定があるので駅まで直通のバスではなく、市内廻りのバスに乗ります(以前は駅まで直通のバスでした)。でもよくよく考えたら僕の場合は市内廻りの方がどのみち早くないか?と多少疑問…。片町で空港からのバスを降りた方がその先に乗れるバスの選択肢も多いし、タクシーにするにしてもそうこう距離が短いから安いような気が…。これは一考の価値ありですね。

金沢も当然の様に雨。昨日の夜は今日はまだ降らないような事を言っていたのですが…。梅雨の時期の天気はどうなるかわかったものではありませんね。実は今回は梅雨を考慮して傘を持ってきていて、トートバッグの中に入れてあったのですがオマハでTSAが検査をした時になぜかその折りたたみ傘をトートバッグから取り出されてしまい、それに昨夜宅急便に預けた時には気がつかなかったので今朝、慌ててホテルの近所のコンビニで傘を買う事になりました。でも東大に着いた頃には完全に雨だったのでこれは買って大正解でした。僕の折りたたみ傘は宅急便で送った荷物の中にあればいいのですけど…。オマハであまり傘を使う事はないのですがたまにあったらいい時に使う事があるので…。

金沢では今日は途中下車でまずは香林坊へ。散髪をお願いしてあったからです。散髪にあまり行かない僕。例によって最後に行ったのは三月かその辺りの話(記憶が正しければ春休みの頃のはず)。前回散髪に行ったとき、なぜか後ろをあまり短く切ってくれなかったので後ろがちょっと長くなってしまっていてこの数週間、散髪をしたくてたまらなかったのです。どうしてその場すぐで文句を言わなかったかって?だってそこで文句を言うとめちゃくちゃ短くされるからです。アメリカで散髪する時はもう基本的に諦めているのです、僕は。その代わりに日本でちゃんと切ってもらう事にしています。六時に切ってもらう予定だったので少し待つ事に。

終了したらちょうど七時ぐらい。それから兄の所まで向かいますが、諸般の事情で兄の所の近所の店で夕食を兄と義姉と三人で食べる事に。さすがに昨夜三時間睡眠では眠く、くじけそうになりましたが何とか無事、兄の家に到着。ともあれ疲れました。今日は後はもう寝るだけですね。金沢に無事到着してよかった。

« 日本までの道(2013年夏) | トップページ | 街を歩く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537785/52193205

この記事へのトラックバック一覧です: 東京での一日:

« 日本までの道(2013年夏) | トップページ | 街を歩く »