« 公衆電話 | トップページ | 季節労働 »

2013年6月 9日 (日)

オマハのお土産とその準備

日本に帰る時期が近づくにつれて昔から思うのがお土産をどうしようか?という事。そもそもアメリカってなかなかお土産に適当な物がない所。しかも行き先が日本という何でも手に入る様な国ではお土産をどうしようか?という事にみなさん困るようで、ネットでもあちこちでみなさんその様な質問しています。

もちろん、その反対にネットには「アメリカのお土産おすすめ」とかいうページもあります。しかし、こういうページのほとんどは普通の日本人が行く、もしくは住んでいるアメリカ(要するに西海岸や東海岸)、それも大都市で観光として人が行く様な所からの視点で書いてあるので僕の様に中西部の田舎に住んでいると手に入らない物だったりもします。例えば、先ほどの記事に書かれているI Love NYグッズはおそらくオマハでは売っていませんし、売っていても馬鹿馬鹿しくてちょっと買う気には慣れません。他にも有名観光スポットの置物とかが書かれていますがこれも無理。そもそも、オマハの有名観光地ってどこになるのだろう?と考えなければならないぐらいですから…。

まあオマハにも名産品になる様な物が無いわけではありません。一番有名なのがおそらくオマハ・ステーキ。全米でおそらく一番有名なステーキの肉のブランドです。が、当然の様にこれはさすがに日本に持ち帰るわけにはいきません。そもそもアメリカの牛肉は日本の和牛に対抗できるような物とは僕には到底思えませんし…。まあこれはこれでおいしいのですけどやはりちょっと違うと思う…。食べ物系で言えば後はトウモロコシ。でもこれはこの時期(六月)ではそもそもにおいてまだ早いしさらにこれも検疫に引っ掛かるので日本に持ち込むわけにはいきません(そもそもトウモロコシって同じ品種でそんなに土地によってそれほど味が変わるのか?という気もしますし)。

他には何があるか?オマハから少し視野を広げて考えるとオマハのアメリカ人あたりだったら「ネブラスカ大のグッズ」というと思いますがしかし、ネブラスカ州大リンカーン校のグッズをオマハで買ってもなぁ、と思いますし(買えますけど)それに買ってもどうせ誰も知らない大学ですし。それぐらいならば同じ大学ならうちの大学のグッズの方がオマハだし、僕の勤務先だしよろしいかな?となるわけです。

というわけで久しぶりに大学のブックストアに行ってきました。平日の仕事中に行くのも何となく気が引けたし、日中はいろいろと忙しかったので結局行けたのは土曜日の朝。土曜日に当たり前の様に仕事に行ったついでに行く事にしました。休日に自主出勤している時に行ってもバチは当たらない、と判断をしたのです。おそらくアメリカ人は平気な顔で平日に行くのでしょうが何となくそうするのが気が引けたのです。さて、ブックストアではお約束通りにいくつかTシャツなどが売っていましたが、特にこれという物もない…。まあそれでもいくつかは確保しておきましたけど。

そういう中で最近、見つけたのがこちら。オマハのあるネブラスカ州のお土産ではありませんが隣のアイオワ州のお土産のページです。この中で特に僕の目を引いたのがテンプルトン・ライ・ウィスキー。調べてみるとテンプルトンってオマハからそれほど遠くない所で車で一時間半程離れた所らしいです。この近距離にもかかわらず、オマハではこのウィスキーは今年になるまでは買う事ができなかったという少し曰く付きのものです(シカゴなどを最優先してオマハに出荷するのはある程度待つ事にしたらしいです。その辺りが商売上手というかなんというか…)。このページには入手が難しいような話ですが最近ではそうでもなくなっている様で、近くのスーパーに行ったら売っていました。それでもどこにでも売っているわけではない様で、いつも行くスーパーにはなかったり、と買う所はある程度限定されてはいる様ですが。で、一本買って少し飲んでみました。これがなかなか美味しい。まあライ・ウィスキーですから飲みやすいのは当たり前なのですが…。こちらは今回持ってかえる物の候補の一つです(多分、別送で送ると思うけど)。

また、お土産を持って帰るのにも荷物の量の問題もあります。僕が若い頃は確か荷物が二つまで預けてよかったのですが最近はだんだんとその量が減らされてお金がかかるようになってしまいました。また以前は成田空港から金沢までJRしか移動方法が基本的にはなかったのでその間も荷物を抱えて歩く事を考慮してできる限り荷物を少なくしていました。ところが今では成田ー小松便が夕方に一便あるので成田で一度回収をしたらまた今度は預けるだけ。もちろん、小松空港から金沢の兄の所までは自力で行かなくてはならないので滅茶苦茶な量の荷物は持ち歩けませんが、それでもまあ少し量が増えても何とかなる程度。そう考えると少しは余裕があります。今回に至っては羽田行きなのである意味もっと楽。今回は東京で翌朝、人と会う約束があるので羽田から二日分程の服を抜いたら後は宅急便に預ける事にしようか?とすら考えています。

そういう意味も兼ねて先日、少し大きなダッフルバッグを買いました。これまで使っているのは昨年の春に買ったダッフルバッグ。それまで使っていたのは四、五年ぐらい使っていたらだんだんと破れてきたので破棄。でオマハの店を昨年の春に見て回って見つけがのがこちら。たまたま入ったアウトドア用具店で見つけてこれは、と思ったのです。調べてみるとこのオスプレーって会社、その道(アウトドアのリュックなど)ではアメリカではそれなりに知られた会社だそうです。確かに僕の経験上、登山用のパックなどの方が一般の物よりもはるかにちゃんと作られていますからね。で、その時に買ったのが一番小さな 46リットルの物。日本に行くとかなるとやはり少し小さいなぁ、と昨年は思いました。実はその時は気がつかなかったのですがこの前に使っていたのがだいたい60リットル程度の大きさのものだったので小さいのはまあ当たり前。そこで、今年はやはり、と思って60リットルの物を買う事にしました。これで少し、容量に余裕ができた事になります。まあそれでもできるだけ容積が少ない物がやはりお土産になるのですけど…。

先ほども少し書きましたが、荷物の関係で今回は荷物を送る事を検討中です。実は以前に一度、ネブラスカのワインを送っているので手順はだいたい把握しています。お土産だとすぐになくても大丈夫な物が多かったりもしますしね。問題はどのぐらいまでにあげればいいか、という事があるので少し考えなければならないのですが…。ともあれ、今回はまだなんとかなりそうです。

« 公衆電話 | トップページ | 季節労働 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537785/51970245

この記事へのトラックバック一覧です: オマハのお土産とその準備:

« 公衆電話 | トップページ | 季節労働 »