« オマハへの道(2013年夏) | トップページ | 日本での英語の略語 »

2013年8月 9日 (金)

日本での通信手段

*これからしばらくは日本にいた間に書き始めた記事を手直しした、もしくは書き終えた記事を載せる事になります。

日本滞在が延びてもう一つ困るのが通信関係の事。日本での滞在先の金沢の兄の所には固定電話がないのでこの一年程は日本に来る時にこちらから入手したジャパンSIMなる物を使っています。ずっと同じ番号で基本料金が無料。自分がかける分だけ払えばいい、とは僕のように時々日本に来る人間には都合のよいプランなのですがパケット代が高いのでそれをポケットWi-fiルーターをこちらから日本の滞在に合わせて借りる、という事をしています。ところが今回は予定外でアメリカに戻るのが遅れてしまったのでアメリカに戻る前にポケットWi-fiルーターを返却しなければならない事態になってしまいました。

そうなるとどうなるのか?実は今回に限ってはほぼ偶然にもう一つの手段を用意してありました。事の発端は日本に帰る前にたまたま見かけたこのページ。何?基本料金が無しで使った分だけ払って最大で一月あたり3780円?これは使えるかも、と思ったのです。

実は二年程前に一度、日本通信のSIMを使った事はあります。この時は日本通信のデータ専用のSIMとSkype Inで日本の電話番号を取得して使う、という事をしたのですが無線LAN環境ではまあ使えても3G回線では使い物にならないので今の形に落ち着く、という事になりました。それでもデータ用に使う分には不足がない速度でした。

そこで、考えたのが十二月まで使っていたiPhone 4がまだ手元にある事。このiPhone 4はSIMフリーで基本的にはどのSIMも使える(それは今使っているiPhone 5でも同じです)。だからこの日本通信のSIMを入れても使えます。また、日本通信のページをよく読んだらどうやらテザリングをしてもOK。そうなるともしかしたらこれを使えばポケットWi-fiルーターが必要ないのではないか?と思われたのです。

一月あたりに使う3Gのデータ量は僕の場合は1 GBに満たない様だという事もわかっているのでこれは使えるかも?と思って実験用に買ってみよう、と思ったのです。その都合から今回の帰国には古いiPhone 4も持ってきました。

この日本通信の基本料無料のSIM、販売はヨドバシカメラのみ。今回の帰国は羽田着だった関係、東京で一泊していたのででは東京にいる間に調達を、と思っていたのですが秋葉原のヨドバシカメラに行ったら売り切れ。結局、時間の関係で東京では買う事ができずにネットで購入となりました。日本で発行されたクレジットカードを持っていないので直接には購入ができず、さんざん迷ったあげくにコンビニ入金という手段を取って購入となりました。

届いてから開通させて少し遊んだ後はしばらくそのままに放置状態だったのですがポケットWi-fiルーターの返却とともに実際に使ってみました。最初はiPhone 5を通話用にしてiPhone 4をデータ用に使い分けるか?とも思ったのですがそこで判明したのがiPhone 4はiPhone 5と比べてやはり格段に遅いという事。ところがそれでもiPhone 4のテザリングにすると特に遅い、とは感じません。やはりiPhone 4は動作が遅いけどテザリングだけだと全然問題がない、という事の様です。それで結局、基本的にはiPhone 5を普通に使ってiPhone 4はポケットWi-fiルーターとして使う方がいいと判明。これで何とかなります。

さて、少し話が前後しますが、このレンタルのLTEルーターは使える時は使えて快適だったのですが何しろ回線に使っているのが事もあろうにEモバイル…。金沢ではあまりにも電波が弱く、という事がよくありました。それも屋内ではそうなる事が多く、なんか使えるような使えないような微妙な感じでした。が、その反面、使える時は便利でバスの中でパソコンを開いて同僚にメールを書く、という事も何度かしました。出先からそういう事ができたのは便利でした。

日本通信のSIMの方はまあ使えました。こちらはさすがにドコモの回線を使うので電波が届かないとかいう事はトンネルの中とかを除けばほとんどありませんでした。ただ、これは日本通信の問題なのかiPhoneの問題なのか定かではありませんが、iPhone 4のテザリングを有効にしてもなぜかiPhone 5からはルーター化しているiPhone 4がなぜか見つからない事が何度もありました。

ここで疑問に思われるかもしれないのが「どうしてその辺にいくらでもある無料Wi-fiを使わないのか?」という事。最近、少し街中で人が集まる様な所だとどこにでもありますよね。でもそのほとんどは僕は使えないのです。日本で近年、「無料」開放されているWi-fiのほとんどは携帯会社が提供している物です。従って、自社のスマホでしか使えないという事情があります。例えばドコモのスマホを持っていてもソフトバンクのWi-fiは(普通は)使えませんよね?同じ事です。僕が日本で会話用に使っているSIMはソフトバンクの物でソフトバンクの回線を使っていますがソフトバンクのWi-fiを使う為のプロファイルはダウンロードができないので使えません。同じ理屈でドコモもauも使えず、となるのです。

アメリカにいるとあちこちで無料Wi-fiが開放されているのですがこの場合はほとんど本当に無料で誰でも簡単な登録のみで使えます。そう考えると日本は海外から来た人には不便な国、と言わざるをなりません。せめてもの救いが成田や羽田などの空港では本当に無料のWi-fiが開放されているという事ですが、こちらもなかなかつながりが悪かったり(特に成田は事実上、使えない事が多いです)、登録画面がわかりにくかったりという問題もあります。

金沢でも金沢駅は使えるのですが香林坊周辺の無料Wi-fiは登録の為にメールアドレスを登録してそちらにパスワードを送って、となるらしいのですが僕の場合はこれは使えるようで使えません。スマホで3G及びLTEが使えないと仮定するとその段階でメールをチェックする事ができなくなります。したがって香林坊の無料Wi-fiは登録画面にメールアドレスを入力できてもメールで認証パスワードを受け取る事ができないから外国から来ていると使えない可能性が高い、となります。そういう配慮はない様です。

日本通信のSIMをしばらく使っていて思ったのはおそらく、一番正解だったのはiPhone 5に日本通信のSIMを入れてiPhone 4に通話用のSIMを入れておくという事。結局、iPhone 4の最大の不満はiPhone 5より圧倒的に処理速度が遅いという事。でも処理速度は電話で通話する分にはほとんど関係がありません。そうなるとiPhone 4を通話用にしてiPhone 5を通信用にするのは理にかなった事です。しかしその為には日本通信のSIMを切ってナノSIMにしなければなりません。別にSIMを切る事に特に抵抗はないのですがそれがそのうち面倒になって結局、今回はそのまま使いました。いつになるかわかりませんが次回日本に行く時は考えてみてもいいな、と思っています。その時にはもしかしたら日本通信が同じ物をナノSIMで提供しているかもしれませんし…。

« オマハへの道(2013年夏) | トップページ | 日本での英語の略語 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537785/52805298

この記事へのトラックバック一覧です: 日本での通信手段:

« オマハへの道(2013年夏) | トップページ | 日本での英語の略語 »