« 新年のご挨拶(2014年) | トップページ | 空き巣に入られる »

2014年1月26日 (日)

キーボード(2014年)

ずいぶん前にキーボードの話を書きました。今回はその続きの様なお話。そもそもの事の発端は2012年の夏に書斎の模様替えをしたりした事までさかのぼります。その時は家の書斎で使うのにモニターとドックを購入して家ではキーボードは古いMacのキーボードを使う、という事をしていました。確か最初はまだマウスを使っていてそのうちにマウスからMagic Trackpadを購入して切り替える、という事をしたはず(トラックパッドの方が場所を取らないから快適なのです)。

それでもキーボードは古いMacのキーボードを使い続けていたのですが昨年の夏の終わりに一日限定の安売りで機械式キーボードで有名なDas Keyboardが安く売られていたので購入する事に。実はこの時、最初に見た話ではDas Keyboard Professional S for MacというMac用に作られたものだ、という話だったのですが注文してからよく見たら実はPC用のDas Keyboard Model S Professionalだという事が判明。でよくよくその下を見たらMac用のも売っていたので馬鹿馬鹿しいな、と思いながらも結局、Mac用の物も注文する事に。最初に間違えて注文したPC用のをキャンセルしてもよかったのですがたまたまキャンセルのしかたがわかりにくい所だったのでまあいいや、とそのままにしてしまいました。

届いてからMac用のは書斎で使って「余った」PC用のキーボードはしばらく迷ったあげくに結局、地下においてあるLinuxで使う事にしました。実は地下のLinuxのキーボードは作業のほとんど全部を遠隔操作で行うのでそれほど使うものでもないのですがまあ使う所と言えばそれぐらいしか思いつかなかったので地下で使う事にしました。

その一方で、2011年に購入して職場でつかっていたMatiasのTactile Pro3は一年もたたずにタブが使えなくなり、無償で交換。その後、それから一年もたたずして交換してもらったキーボードも"`"キー(タブの上で~と一緒のキー)が故障。この時はキーを強く押さえると使えない事もなく、また保障で交換ができるかを問い合わせたら保障は「最初に購入(すなわち2011年の七月)してから一年」という事で(何だか納得は行きませんが)交換はなし。でも三割引で新しいのを売ってくれる、という話でしたがしかし一年半程で二台も普通に使っていてキーボードが故障するのもちょっとない、との事でパスする事に。

まあ"`"キーは使えない事もないし、それほど頻度が高いキーでもないのでそのままだましだまし使っていたのですが先日、今度はタブが故障。それも普通に使っていたら突然使えなくなるという謎の故障。さすがにタブが使えないと困る、との事でその日はその辺にあったキーボードを使ってなんとかしましたがやはりそれでは不便、との事でその晩、家の地下で使われていたDas Keyboardを普通のUSBキーボードと交換して翌朝、職場に持ってくる事に。

基本的にはMac用もPC用も同じキーボードなのですが若干の違いがあります。一番大きな物はやはりCommand/WindowsキーとOption/Altキーが反対になっている事。

Mac_keyboard
Win_keyboard

まあ別にそのままでもよかったのですがでもそれでは何となく使いにくいのでシステム環境設定で対処する事に。他にも音量キーとかの設定があります。こちらはKeyRemap4MacBookというフリーウェアで対処する事に。ただしキーキャップその物は普通のキーキャップなのでどのキーが何をするのかは覚えておかなければなりません。交換用のキーキャップも売っているのですがとりあえずはこのままにしておく予定です(でもそのうち買うのかもしれません)。

昨年の夏から家でDas Keyboardを使っているので音には何となくなれました。実はDas Keyboardの方がMatias Tactile Pro3よりも音が大きいのです。その反面、Matias Tactile Pro3と比べるとキーボード全体の作りがしっかりしていて安定感はあります。音に関しては一部の人は「(共用)オフィスで使うとうるさがれる」という事を言う人もいるそうですが僕の場合は共用をしていないので特に問題はありません。

しばらく前にmacintouch.comでキーボードに関するディスカッションがありました(まあ僕も一部、参加しているのですけど…)。ディスカッション自体は少し先から始まってはいるのですけどまあこの辺りから面白くなって来ています。個人的に一番面白いのがこの日の記事。事細かにキーボードについて解説されています。こちらに書かれている様に確かにMatiasのキーボードはDas Keyboardや古いPCキーボードと比べると安物の感じがします。キーボードと一口に言っても色々あるのは知っていましたがまさか機械式キーボードでもこんなに違いがあるのだなぁ、と感心をしました。どちらにしてもDas Keyboardも値段は結構するので長く使えたらいいな、と思うのですけど…。でも同じぐらい値が張ったMatiasのキーボードは割とすぐにダメになってしまったからわかったものではありませんが…。

« 新年のご挨拶(2014年) | トップページ | 空き巣に入られる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537785/54748407

この記事へのトラックバック一覧です: キーボード(2014年):

« 新年のご挨拶(2014年) | トップページ | 空き巣に入られる »