« キーボード(2014年) | トップページ | 1Q84 »

2014年2月 6日 (木)

空き巣に入られる

以前にも書いた様に、しばらく前にDoorbotというインターネットに接続されているドアベルを家に導入しました。所がこのガラクタ、まともに作動しません。このしばらくは誰かがドアベルを鳴らしたらiPhoneには通知が来るものの画像は見れない、話もできないとほぼ意味なしの状態です。

さてそういう中、昨日は一時から電話会議があったのでいつもより少し早めに昼食を食べていたらドアベルが作動してiPhoneに通知が来ます。ところが相変わらずまともに作動しないので応答できません。まあ昼間のドアベルは所詮、物売りか何かだろう、と思ってそのまま放置する事に。所がその数分後に家の勝手口が開けられたらしく、iPhoneにその警告が届きます。昼間にドアベルが鳴ってその直後に勝手口が開けられるとはちょっとおかしい。家の中にある監視カメラに接続してみて確認をしてみようとしましたがなぜか繋がりません。これはやはりおかしいとの事で結局、警察に電話をかける事に。

警察(というか911、日本風に言えば110番)に電話をかけて事情を説明して警察に来てもらう事に。同時に僕も家に向かう事に。同時に念のために大家にも電話を入れる事に。一時からの会議は事情を説明したメールを送ってキャンセルする事に。たまたま、昨日はオマハで大雪の降っている日だったので家に到着するまでいつもの倍ぐらい時間がかかりましたがそれでも十五分か二十分程度で家に到着。警察がすでに家に来ていました。

お巡りさんに事情を尋ねたらやはり泥棒が侵入したとの事。その段階では「まだもしかしたら家の中にいるかも」との事でとりあえず「家には入らないで下さい」との事。やれやれ、向こうも仕事とはいえそれもちょっとないんじゃない?という気もしましたが…。待つ事数分、ようやく中に入れてもらえましたがそれでも「何も触るな」との事。相手は警官だから少し言葉使いもなんとなく横暴…。なぜかテレビがガレージの横の外に放置された状態(しかも雪の中に!)…。

ともあれまずは勝手口の監視カメラを見てみる事に。なぜかカメラにネットワーク接続がないから記録されているかな?と思いながら見てみたらちゃんと写っています。この様に二人組の男が侵入した様です(泥棒のプライバシー保護の為に顔は隠してあります)。面白い事にまずは家の裏側の窓から一人が侵入した模様。それから勝手口からもう一人を入れる、という事をした様です。

Theives1
Theives2

それから鑑識がやって来るまでしばらく待機。その間にお巡りさんにいろいろと聞かれました。特に僕の家のセキュリティは自作の物なのでどうやっているのか?とかを聞かれました。その間に何を取られたか?という事も聞かれました。その時にわかった範囲内ではiPadとiPod touchに電子書籍リーダーぐらい。家の中にある一番高価なオメガの腕時計はそのまま…。家の中を見た感じではおそらく泥棒は警察がやってきた時は家の中にいた、もしくは家のすぐ外にいたかのどちらか。テレビが外に放置してあったのもそう考えるとつじつまが合いますし他にもGPSカーナビがベッドルームの椅子の上に放置されていたり(多分これも取るつもりだったのだと思う)書斎の机の中にしまってあった古い携帯電話が机の上に置いてあったり、コンピューターのモニターは手つかずでもコードが抜いてあったりとどうやらこれも取るつもりであったのが何となくわかる状態…。

鑑識がやってきて写真を撮ってそれからテレビの指紋を採取。その間に別のお巡りさんから無線で「捕まえた」との連絡が入りました。しかもその場で自白したそうです…。で、盗まれた物はどうなったか?という事ですが「逃げる途中で雪の中に隠したらしい」との事で「回収する」との事。「早ければ今日中にも返すよ」とお巡りさんには言われましたがどうなった事やら、ほぼ二十四時間後には未だ警察からの連絡はないままです。警察が帰ってしまってから気がついたのは誰も事件の番号や係の警官の人の名前や連絡先も教えてくれなかった事。行ってしまってから気がついたのでどうしようもありません。とりあえず後で警察に連絡か、という事で落ち着く事に。それ以上ジタバタしてもどうしようもありませんから…。

泥棒に入られて僕がビックリしたのは泥棒は信じられないぐらいあちこちを開けてまわった、という事。キッチンの戸棚まですべて開けてありました。寝室の方も同じ。タンスを開けて中身が全部ぶちまけられていました…。ベッドの布団も足方向からめくれられていました。書斎の机の引き出しも開けられていましたしクローゼットも開けられていました。しかしまあベッドの布団をめくるってのはどういう事よ?と考えてしまいました…。ベッドの布団の下に物を隠す人がいるのか?とちょっと不思議。またタンスの中身をぶちまけられたのも不思議。服と一緒に物をしまう人がいるの?と考えてしまいます。なんだかあんまり意味がないんじゃないの?と不思議に思えて鳴りませんでした。

とりあえず警察が帰った後で若干の家の検査をしてそれからまだ仕事があったので一度職場に戻る事に。職場まで戻る途中、対向車線は午後二時半頃だというのにものすごい交通量でした。雪の為に早退する事にした人たちが帰り始めていたので早い時間から渋滞し始めていたのです。その時点ですでにオマハの道は明らかに除雪が降雪に追いついていない状態で車線がわからなくなってきていました。昼中に二時間近くも留守にしていたのでさすがに職場で「どこ行ってたの?」と聞かれたので事情を説明する事に。まあみなさん当然の様に事情が事情なので問題なしですけど…。雪の為に大学は五時で閉鎖が決定。でも二時半に渋滞をすでに目撃しているのであえて五時では帰らずに少し遅くまで職場で粘る事にしました。で、結局、物理学の大学院生の手伝いをしていたら終了したのは七時半頃。

それから基本的には帰って除雪して食事して家を片付けて、だったのですがどう考えてもその時間から帰って除雪して食べると食事は九時過ぎになる事は確実。結局、その晩は職場の近所の中華でテイクアウトを買ってから帰宅する事に。家に到着してからまず車を道に停めてそれからドライブウェイを車が入れる分だけ除雪して家に入る事に。まずは食事から、にしたのです。買ってきた中華のテイクアウトを食べて少し休んでから外にでて除雪作業を続けます。結局オマハは15-20センチ程度降ったので除雪に一時間ぐらいかかりました。

ようやく除雪が終わったので車を車庫に入れて着替えてようやく家の中の整理に取りかかりました。まあ何とかなる、ぐらいの所に到達するまでにほぼ一時間かかりました。テレビは雪の中に放置されてあったのでお巡りさんが家の中に運んだ時に地面にあった落ち葉を全部付けたまま持ち込んだのでその処理とかなんだかいらない仕事も増えたりして(払い落とすぐらいの配慮がないのか?)まあアメリカの警察らしいな、と思う事もたくさんありました…。同時に他に何が無くなったかの確認をする事に。その段階でわかっていたのはiPadなどでしたが同時に以前使っていたiPhone 4とボーズのノイズキャンセリングヘッドフォンも無くなっていました。やれやれ。

ようやくそういう事が終了してから昼から放置状態になっていたメールの対応をする事に。まずはその日の午後に会議をキャンセルしたので結末をCERNの同僚に書きます。また学生にも書いて木曜日の同じ時間に振替ができるかどうかを確認するメールをとりあえず送っておく事に。他にはDoorbotがそもそもちゃんと作動しなかった事も問題なのでその旨をDoorbotのサポートにメールで「あんたの会社の製品が使えない」とはっきりと書いて送っておきました。現状の所はDoorbotはまともに作動した試しがないのでほぼ役に立たないガラクタです…。他にもSkybellなるライバル的なドアベルがあるので場合によったら乗り換える事も検討しています…。

その日はそれからしばらくしてもう早く寝る事に。雪かきをしたので体が疲れていたのもありますし、いつまでも起きていてもろくな事がないであろうと判断をしたからです。ただ、ちょっと気味が悪かったのがベッドを触られた事。考えようによっては全部がすべて触られたので気持ちが悪いといえばそうなのですがベッドをいじられたのはなぜかものすごく気になってなりませんでした…。そもそもなんでベッドの布団を引っぱがすという事をしたのでしょうか…。

さて一夜明けた今日、大学は十時まで雪の為に閉鎖。それがわかってはいたのですがそれでも普通に六時過ぎに職場に向かって出発する事に。一晩経ってもやはり道路の雪は完全に除雪されてはいなくて道は雪で覆われた状態でした。職場に到着してそれからまあ普通に働く事に。午後になってちょっと手が離せない時になってようやく警察から電話がありました。もちろん手が離せなかった時なので後でボイスメールを聞く事になります。それによると捕まった泥棒はとりあえず留置場にいるそうですが保釈金が積まれて解放される可能性もあり、との事…。何だか間違っている様な気がしてなりません…。一応、折り返しこちらから電話をしてみたのですが留守録。仕方がないからとりあえずメッセージを残しておきましたが結局、今日はかかってきませんでした。盗まれた物がどうなったか尋ねたかったのですけど…。他にも古いデジカメと古いラップトップも盗まれていましたし…。いったいどのぐらいの物が返ってくるのだろう?と少し不安です…。

« キーボード(2014年) | トップページ | 1Q84 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
skybellでHItしました。
空き巣、災難でしたね、
私も購入を考えていましたが、USAアマゾンの評価を見ると低評価が多すぎて悩んでます。
英語ができないため翻訳ソフトで見てますが、どのような低評価なのかよくわかりませんでした。
購入しても大丈夫なのか教えていただけるとありがたいです。
しばらく様子をみていたいと思います。
突然の質問お許しください。
最近ブログは更新できてません、、。

pixyplanさん、
Skybellの方は持っていないのでともかくとしてDoorbotの方は事実上、使い物になりません。そもそもボタンを押してから何十秒も接続するのに時間がかかるのではドアカメラ、およびインターホンとしては使い物になりませんよね。こういう物が「製品」として売られているのがちょっと信じられない
ブログに書き忘れましたがその晩、実はDoorbotの方には「元々、防犯の意味もあって買ったDoorbotですが使い物にならない状態で、今日、泥棒に入られてしまいました」とメールを書いて送っておきました。まあユーザーとしてそのぐらいは言ってもいいだろう、と判断をしたからです。
驚いたのはそれだけの事が書いてあっても「お役に立てず、申し訳ございません」とかいう事も全く無しで「こうしてああしてみて下さい」という内容のみ…。会社としての姿勢もおかしくないか?と思いました…。
で、そのサポートの「ああしてこうして」もあまり使い物にならない状態…。何しろ、そのやってくれ、という事が何度やっても不可能なのですから(しかも僕には確認方法がない…)。これでもまだサポートのメールが来る分だけ僕の場合はまし。メールを書いても何日間も返信がない、とかいう事が普通にあるそうで…。
使い物にならない製品を売りつけてサポートの状態も少し妙。そうなるとまあ確かに評価は悪いと思います。もっと地道にテストを繰り返してから製品にするべきだったのではないか?と思われてなりません。
日本の製品の精度を考えると信じられないぐらい悪いです。アメリカ人にも勧めませんが日本人には絶対にお勧めはできません。サポートの方も英語でしか向こうは対応してくれませんから英語の読み書きができないとかなりきついと思います。少なくとも当分は待った方がいいと思われます。残念ながらDoorbotはこのまま永遠にジャンクなのではないか?と最近は思い始めています…。
このDoorbotに関してはそのうちにまたもう一度ぐらいはブログの記事を書く予定でいますのでそちらをいずれお読み下さい(書くのは今のサポートが一段落してからになるのでしばらく先になるかと思います)。

二郎

二郎さまへ
丁寧な回答ありがとうございます。
skybellの方で検討したいと思いますが、これも評価が大変よくないほうが多いですね。
悩んでいます。
http://www.amazon.com/SkyBell-Wi-Fi-Doorbell-Motion-Sensor/product-reviews/B00G3DDBVI/ref=sr_1_1_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1

pixyplanさん、
個人的にはまだ手を出さない方がよろしいかと思います。バージョン2を待った方が確実かと思います。少なくとも、iPhone及びAndroidのアプリがちゃんと機能するかを確認してからが無難ですね。この手の物はYoutubeなどにポツリポツリと見かける様になりました。

Skybellだとこちらなどですね。
http://youtu.be/rPX-S_CP6-E
(最後の方、12:04あたりからが実際のアプリの使用ですね)。

ただ、Skybellは電源として12-36Vの交流が必要ですから日本で使う時はご注意を(アメリカでは外での使用を前提とした交流はそのぐらいの低電圧の交流が普通にあるのです)。

youtubeでたくさんUPされたとき判断します。
12-36Vの電源なんですね^^;買う時は安定化電源も必要ですね。
また情報がありましたら連絡いただけるとたすかります。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537785/54882841

この記事へのトラックバック一覧です: 空き巣に入られる:

« キーボード(2014年) | トップページ | 1Q84 »