« 高校時代を振り返ってみて | トップページ | 家の照明 »

2014年11月17日 (月)

怒涛の二週間

この二週間程、ものすごく忙しい日々を送りました。元々、この時期は化学のショーの関係で忙しいのですが今回はなぜか例年よりも忙しかったのです。それでも実際のショーが終了したら余裕ができるはずなのですが今回はその翌日の木曜日と金曜日は出張でシカゴ郊外のアルゴンヌ国立研究所まで物理学の大学院生と行く予定が入っているのでなかなか楽にはなれません。

化学のショーの練習が始まったのは十一月一日頃から。本来はその週の頭あたり、十月末頃から練習が始まっていなければならないのですがなかなかうまくはいきません。本来ならば学生の方で自発的に練習をして、となるべきでそうしてね、先に言っておくのですが実際にはそうはならず、こちらから「いつ練習に来れるか?」と聞く事になります。本来ならばその段階で既に自分たちが何をしなければならないかを調べてあるはずなのですがこれまた当然うまくいかず結局一つ一つ、説明をする事になります。そのために最初の練習は秋休み開けすぐに一度やって、その次の週にもっと練習をして完璧にするのが理想的なのですが今回はそれが全く行われず割と短い間にすべての練習をする事に成りました。

その為に十一月の第一週はほぼ、毎晩遅くまで職場で学生とショーの練習(日に寄っては一度夕食を食べに帰っていた日もあり)。その週の木曜日だったかはほぼ十二時まで職場。もちろん遅くまで職場にいたからと言って仕事がなくなるわけではないので翌朝は通常通りに六時に出勤と家には寝に帰るのみの生活をしばらくしました。

さてそれと同時進行でショーのプロデューサーで同僚のGM先生がショーの直後にミズーリ州のコロンビアで開催されるアメリカ化学協会の中西部大会にショーの話をしてくれ、と頼まれたのでこれまたエラい事に。十年以上、ショーの運営に付き合っているので僕も共同発表者として載せられる事に。それはそれでよろしい事なのですがその半面、その分の仕事が増える事になります。GM先生の発表に使える材料を作らなければなりません。古いビデオをPowerPointで使える様にフォーマットの変換をしたりスクリーンショットを作ったりと仕事が増える事に。

その上で今年の春にフィールド・ディでショーをした時に初めて行った「アナと雪の女王」のデモを今回もやる事に。このデモでは酢酸ナトリウムの超飽和溶液を使います。酢酸ナトリウムの超飽和溶液は種結晶を入れると目の前でみるみるうちに結晶化していくのですがそういう事が起こるという事はそもそもその溶液が不安定という事…。実は酢酸ナトリウムの超飽和溶液は放っておいても勝手に結晶化する事が普通にあるのです。その為に結晶化しなくてもいい時に結晶化したりするのです…。

一番の問題はガラスのパイ皿に入れた酢酸ナトリウムの超飽和溶液。表面積が多いだけ結晶化する可能性も高く、春に初めてやってみた時には四つ用意してあったパイ皿の半分が結晶化してしまいました。ちゃんと全部がうまくいったらこうなるはずですがそうそう上手くはいきません。

この動画は実は三回程撮影したのをつぎはぎして完成させています。

基本的にはショーでは何かがあった時の事を考えてだいたい余分に溶液や仕掛けを作っておくのが当たり前なのですがこのデモに関してはかなり余裕を持った量の酢酸ナトリウム溶液を作りました。この酢酸ナトリウムの超飽和溶液、成功法は単純に酢酸ナトリウムを少量のお湯に溶かしていくのですが酢酸ナトリウムから何リットルも作るとエラく高くつきます。安くあげようと思ったら酢酸と水酸化ナトリウムから作る事になります。単純にはフラスコに酢酸を入れてそこにゆっくりと水酸化ナトリウムと少量の水を加えていく事になります。これがまた高濃度の酸にアルカリを足していくのでかなりの熱がでたりして結構、危ない。僕は若い頃にそうやって何リットルも作った事があるのですがそれでも時間がかかります。またそうして溶液を作っても常温まで戻らないと使えません。その上で一度、ちゃんと結晶化するかどうかを確かめてからもう一度温めて酢酸ナトリウムの結晶を溶かして、となるので作るのにも時間がかかる事になります。

九日の日曜日に行われた総合リハーサルではうまく行かなかったので急遽、月曜日と火曜日の間にもう少し余分に酢酸ナトリウムの超飽和溶液を作る事に。もちろん、ちゃんと作ったつもりでもちゃんと結晶化しない事もあるので常温まで温度が下がるのを待ってちゃんと結晶化するかどうかを確かめてから、となります。結局、月曜日の午前中と火曜日の夜と水曜日の朝はほぼ酢酸ナトリウムの超飽和溶液を作る事に費やす事に。パイ皿の問題はパイ皿に注いだ超飽和溶液の上に植物油をゆっくり注いで食物油を蓋として使う事によってなんとか対処。パイ皿の方は電子レンジに入れて結晶を溶かして何とかします。その合間に通常業務をして更にショーの他のデモ関係の仕事もします。

さてそのショーの方は無事に終了。一番心配だった「アナと雪の女王」の方は結晶化の速度が若干遅かったものの問題は基本的には無し。多少、所々に間違いがあったもののまあそれなりの出来で無事に終了。実は日曜日に行われた総合リハーサルの出来がかなりよかったので本番で上手くいかないのでは?と心配していたのですがなんとかなりました。その時の動画はこちらからどうぞ。

ショーが終了して最小限の後片付けをしてから帰宅。それから翌朝の出張の準備をします。幸い、一泊だけの短い出張なのでそれほど荷物の量もありません。基本的には翌日着る服とパソコンなどの仕事道具のみ。その準備をしてから目覚まし時計をセットしてすぐに就寝。翌朝の六時の飛行機なので迎えが来る予定が朝の四時半だからすぐに寝ないとダメだったからです。

目覚まし時計が鳴ったのが朝の三時五十分。子供の頃から起きるのは基本的に大丈夫なのですぐに動きはじめます。まずシャワーを浴びて朝の準備をして、となります。ボスが迎えに来たのが四時半過ぎ。それから途中で同行する大学院生を拾ってから空港へ。空港に到着してセキュリティを通過して程なく搭乗。

Airplane1
シカゴまでの飛行時間はほぼ一時間程度。程なくシカゴに到着。連日の仕事で結構、疲れていたので午前中の発表の途中でしばらく記憶があやふやな物も…。もっとも今回の学会出張はどちらかと言えば発表をする大学院生の付き添い。しかも学会の内容はLHC(大型ハドロン衝突型加速器)のアメリカの研究機関の発表会。したがってほとんどの発表はATLAS実験とCMS実験によるヒッグス粒子関連の発表がほとんど。重イオンの研究ですらわかったようなわからない様な認識の偽物理学者の僕にはどれを聞いてもチンプンカンプン(うちの大学が参加しているALICE実験は重イオン実験をLHCで行っていて陽子実験のATLASやCMSとはかなり研究内容が異なるのです)。一応、「若い物理学者の活躍」できる様に大学院生やポスドクの発表が半分以上なのですがそのほとんどが僕にはよくわからない内容でした。

木曜日の晩は学会のディナー。今回は学会のディナーの料金が含まれていたので(珍しく)参加。うちのグループはポリシーとして学会でディナーの料金が学会の参加料の含まれていない限りは基本的に食事は自分持ち、と決まっているのです。その為に学会に行ってもディナーに参加しない、もしくは参加しても自腹、という事がよくあるのですが今回は学会にディナーが含まれていたので何年かぶりに学会に行って夕食が自腹でなくなんとかなりました。

Dinner

うちの大学院生の子は木曜日の晩と金曜日の朝に僕の前で練習をさせてまあ何とか。分野もヒッグス粒子を研究している人からはおそらく何も知らないに等しい事と思われるので偽物理学者の僕が理解できる程度でちょうどいいぐらいでは無いか?と思いながら発表の練習を聞きました。結局、その後、金曜日の昼食後にもう一度練習をしていざ本番。

Student1
Student2

練習のかいもあってまあ問題なく発表が終了。発表の後でそれなりの数の質問もあり(質問が全くない発表も結構ありました)、聞いていた人たちの興味は湧いた様でした。またこれは後になってから気がついた事なのですがどうも他の大学からの発表者はそれほど発表の練習をしていない。さらに発表をするときにあまり基本の事から話を始めない傾向にあります。その為に何も知らないと何の事なのかチンプンカンプンになりやすい。さらにスライドの構成がおかしい場合があってとにかくスライト一枚にものすごい量の情報が入っていたり文章が長々と書かれていたりしていました。ようするにうちでは学生にそういう事をしてはいけない、と教えている事がものすごく多かったです。

さてそのせいなのか練習のせいなのかわかりませんが最終的にうちの大学生は若い物理学者のセッションでトップ5の一人に選ばれました。まあ妥当な線かな、と思いますけどやはりうちの学生なのでちょっとうれしいです。

Award

まあトップ5になると言っても別に賞金がもらえたりするわけでもないのですが、でも春にワシントンDCに行く機会があるそうな。

さて会議が終了してから中途半端に時間が余ったのですが結局、それから素直に空港まで戻る事に。夕食は空港で食べる事に。朝のうちに搭乗券は宿舎のプリンターを使ってプリントしてあったのでセキュリティをすぐに通過。それから空港で夕食を食べて搭乗ゲートまで進みます。

Chicagosouthwest1
オマハに到着してからは最小限の事をしてすぐに就寝。たった二日の出張でしたがなにやらエラく長い間留守にしていた様な気がしました。週末は土曜日に本当は家の外回りの仕事をしたかったのですが昼前から雪。初雪ではないのですが積もる程降ったのはこれが初めて。やれやれ。その影響で結局、週末は土曜日の朝に買い物に行った以外は家に籠城していました。本当は職場に行ってしたほうがいいことが幾つかあるのですけど…。ともあれこの二週間ほどはそういう調子の忙しい二週間でした…。まあこれから少し楽になるかな、学期末に近くなるから?

« 高校時代を振り返ってみて | トップページ | 家の照明 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537785/58010140

この記事へのトラックバック一覧です: 怒涛の二週間:

« 高校時代を振り返ってみて | トップページ | 家の照明 »