« 正月明けの出張 | トップページ | CERNから帰還 »

2015年1月 6日 (火)

CERNまでの(長い)道のり

今年は一月四日から出張です。もっとも四日は移動日。朝六時過ぎの飛行機なので起きたのは朝の四時ちょっと前。友人が朝五時前に迎えに来る予定になっていたからです。起きてまずした事は外に出て雪かき。前日までは数日、暖かったのですが三日の夜遅くから急に冷え込んで雪が若干降ったからです。もちろん、原理的には四日からしばらく留守にするので雪かきが本当に必要なのか?という気はしましたが除雪がされていないという事は留守である、という事を示している様な物なので防犯の観点からも除雪をした方がいいだろう、と判断をしました。幸い、大した積雪ではなかったのでわりと簡単に終わりましたが(せいぜい十五分程度)。

それからシャワーを浴びて着替えて出発準備をします。まあ前日からほぼ終了していたのですが…。待つこと数分、友人が迎えに来てくれました。当然の様に空港までの道には雪が積もっていました。少し遅れるのでは?と心配しましたが空港に到着したのは午前五時。六時過ぎの飛行機だとまあまあの時間のはずなのですがクリスマス、正月明けでやはり空港にはたくさんの人がいました。まあこの時期ではしかたがないな、と思いつつチェックインの列につきます。

ところがそこからがチェックインが終了するまでなんと三十分かかりました。そのうちの半分以上はチェックインカウンターで(列の最先端で機械の前)で係の人を待つことに…。一つにはその係の人が別のお客さんの相手をしていたから(どうやら空港で航空券を替えて色々あったらしい)なのですがそのお客さんへの対応が終わってから僕の所にこずにすぐ次のお客さんの相手を始めたからです。あまりに見かねてこればかりはちょっと文句を言う事に。それでその係の人は少しムッとなったらしくものすごく僕に対する対応が悪かったです…。

それからセキュリティを通過ですがこれにまた三十分かかりました。空港が混んでいる時って旅慣れていない人が多くセキュリティも時間がかかってなりません…。こちらにも三十分かかって結局、ゲートに到着したのは六時ちょっと過ぎ。やれやれ。まあ飛行機が遅れているので問題がないといえばないのですが、本来の時間だったらギリギリの時間でした。

さて今回はオマハからニューアーク空港までまず行ってそれからチューリッヒで乗り換えてジュネーブです。ところが今回はニューアークでの待ち時間がエラく長い(ほぼ九時間)なのでニューヨークまで出る予定。このニューヨークの四日の気温がなんと十七度。さすがにオマハの防寒では熱すぎです。結局、まず空港まではオマハの気温に合わせた上着で空港についたらその上着を荷物に入れてその代わりにもっと薄い物に交換、という方法で対処する事に。ジュネーブもあまり寒くはないのでなんとかなるはず、という想定です。

そのニューヨークは雨の予報が出ていたので折りたたみ傘も手荷物の中に持っていく事に。ジュネーブも雨が多いので必要品の一つでもあります(しかもヨーロッパは今のところは暖冬らしいので雨が降る事が予想されます)。

さてオマハの空港で飛行機を待っていてそのうち判明したのが実は飛行機はオマハにいるのだけどクルーがいないからニューアークに行けない、という事。これにはちょっとビックリしました。オマハ発六時過ぎだったらオマハから出る一番早い飛行機の一つ。そうなると常識的に考えてクルーはオマハに昨夜は泊まっているはずなのですが…。オマハに六時前に到着する飛行機なんてないはずなのですがいったいどうやったらそういう事になるのか不思議でなりません。唯一考えられるのは昨夜到着するはずだった飛行機が欠航になったという事なのですがそれでもちょっと辻褄が合いません。八時過ぎ発の飛行機に間に合うにはクルーは七時半ぐらいまでにはいないと間に合わないのですがオマハに八時前に到着する飛行機ってないのでいったいクルーはどこからどうやって来るのかさっぱり僕にはわかりません…。

Flight_omaha

さてニューアークに到着したのは十二時半過ぎ。当然、昼は食べていないので昼をまず食べる事に。二時間遅れでも時間があるのでニューヨークまで行って食事を、と思ってゲートエリアを抜けて空港の連絡線路に乗ってニューヨークまで行く電車に乗る事に。

Erw_station

程なくペン・ステーションに到着します。先に下調べした時にそこから少し先に行った所にあるお寿司屋さんがいい、との事なので地下鉄に乗り継いで到着します。そこは日曜日は二時十五分までランチをしているので二時ちょっと前とギリギリの時間に店に入れる、はずだったのですがなんと、大晦日前から今日までお休み…。振られてしまいました。もう少し先にももう一軒、お寿司屋さんがあるのでそちらに向かってみましたがそちらも今日はやっていません…。結局、そのまだもう少し先に見つけたトンカツ屋さんに入る事に。本当はお寿司が食べたかったのですが…。まあトンカツも自分で作った物しかずいぶん長い間食べた事がないので美味しく食べてきました。

Lunch1
Lunch2

食後はちらりとニューヨークの街を歩きましたが結局、気がついたらもう四時近い時間。ニューアーク空港が大空港である事を考えると二時間前に空港に到着しているのが望ましいので空港までの移動時間を考えると飛行機の出発時間の三時間前ぐらいにニューヨークをでなければならない計算になります。となると四時で帰るのがまあ妥当な線。なんだか昼を食べるだけにニューヨークに出てきた様な気がしますがそれでも空港で普通に食べるよりはいい物を食べられた(と思う)のでそれから再びペン・ステーションに戻って一路、ニューアーク空港に戻る事に。

ニューアーク空港ではおもしろい事にセキュリティでは靴を脱がなくてもいい、コンピューターも鞄から取り出さなくてもいい、とまるで昔の様に楽でした。どうやら通過する人の数があまりにも多いのでそうでもしないと追っつかないと判断をしての事の様でした。しかしまあそういう事をして本当に大丈夫なのか?という気もしましたがまあ楽は楽でした。

ニューアークからチューリッヒまではほぼ問題もなく到着。チューリッヒには予定時間よりも若干早く到着。実はチューリッヒで乗り換えの時間が一時間しかないはずだったのでちょっと心配していたのですがそのあたりはさすがスイス、それもドイツ語圏のスイス。入国もあっという間に終了。たいへん効率がよかったです。結局、チューリッヒまでの便が早かったのと効率よく作業した上に僕もすぐにゲートに直行したので三十分以上の時間が余るぐらいでした。

最後のチューリッヒからジュネーブまでの飛行機はほぼ全部を寝てしまいました。実はチューリッヒまでの間にうつらうつらとした程度でほとんど寝れなかったのでさすがに疲れたでてきたのですね。そのまま眠いままジュネーブに到着。バスと路面電車を乗り継いでCERNに到着したのは午前十一時二十分ぐらい。うちのグループのオフィスはメインゲートから入ったすぐの所。行って見たらやはりいました、ボスとポスドクの二人が。荷物をとりあえずオフィスに置いてちょっと話をしてからすぐに昼食に。昼食後、僕はとりあえずハウジングオフィスに行って宿舎にチェックインしてオフィスまで戻ってから荷物を回収して一度、シャワーを浴びる事に。それから着替えて午後はゆるゆると仕事をしました。

それでもやはり疲れているのですね(当たり前か)。六時前にコンピューターの前でうつらうつらし始めたので今日はそこまでにする事に。それから夕食を食べて今日はあと部屋を片付けて簡単な事を済ませてもうすぐ寝る予定です。それにしてもやっぱり疲れた…。

« 正月明けの出張 | トップページ | CERNから帰還 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537785/58487483

この記事へのトラックバック一覧です: CERNまでの(長い)道のり:

« 正月明けの出張 | トップページ | CERNから帰還 »