« 初デート | トップページ | 三回目のデート »

2015年2月 4日 (水)

初デートを振り返ってみて

しつこい、と言われそうですが初デートが無事に終了してから少し落ち着いて考えてみてもう少し書く事にしました。反省とまではいかなくても反芻してみて考えをまとめてみる事は必要かな、と思いますから。

まず、こういう事は以前からも普通にしていた事なのですがどうやら今回分かった事は今まではそもそも論点がズレた分析しかしていなかったらしい、という事。そもそもデートの終わる前に次のデートの約束をするなんて事を考えた事すらなかったという事をしていたのでまあいかに考えても考える事はたかが知れていますよね…。もちろん今回も論点がズレた分析をする可能性があるのですが…。

少なくともデートの間に分かったことはまず彼女の方でも僕に好感をもっていたし対象外という事はなかったらしく、誘われた時に少しビックリはしたが全くの想定外の事ではなかったらしい、という事。まあ普段から時々、顔を合わせて話をしていましたからね。それもほとんど僕の方から彼女の所に行って。実は彼女の所に話に行く口実をわざわざ作り出した事も二度ぐらいありましたがそれは彼女にはまだ秘密の話。

そういえば先日、ジュネーブから帰ってきてチョコレートを渡しに行った時にも僕の事を「最近、姿を見ないなと思っていた」と言っていましたね。夏の終わりまでは彼女のオフィスから少し行った先に友人のオフィスがあったので(夏の終わりに別のオフィスに引っ越し)彼女に用がなくても前を通りかかる事はよくあったしその頃まではまだ僕の中でもそれほど彼女の事を意識していなかったので普通にできていたのですが自分の気持ちを整理する為にちょっと彼女のオフィスの方に用がないのに行かない様にしていたのです。

彼女の方も僕並み、もしくはそれ以上に恋愛経験が少ない、と本人は言っていました。多分、それも僕が誘った時に驚いた理由の一つかと思われます。多分、まさかいくらなんでも時々やってくる他の学部の職員が誘ってくれるとは、と思ったのだろうな、と考えられます。まあ三十過ぎで大学の先生をしていて最後にデートは学部生の頃らしいので十年ぐらいデートもしてない計算になります。そうなるとまあ誰かに誘われるだけで驚いても不思議はないはず。

彼女がはっきりと僕に言ったのは「ゆっくり行きましょう」という事。まあ正解ですよね。先走り過ぎてもダメだから僕もゆっくりと進めるつもりでした。もっともそれ以前に僕が恋愛に関してはドン臭くて馬鹿だからという理由もありますが…。おそらく彼女の方では恋愛に馴れていないからゆっくり進めたいと思っているのだと考えられます。もちろん、僕も彼女もお互いの事を気になってはいるけどどのぐらい好きなのかを少し考えなければならないからという理由もあります。

ここで少しはっきりさせておくべき事は僕自身も彼女の事を好きなのかどうかがはっきりとわかってはいません。彼女の事は気になるし、できれば付き合ってみたいとは思いますがでも例えば今、彼女と僕が前に片想いを寄せていた方のどちらか一人と付き合える、と言われたら考えこんでしまいます。彼女の事を知れば知るほどだんだんと惹かれている事は確実ですけど…。

正直、一番の悩みの一つは僕自身が彼女の事を本当にどう思っているのかを今ひとつ計り知れていないからだと思います。鼓動が早くドキドキしっぱなしではないのですよね、彼女の前でも。でも彼女の前では彼女と話をするのが楽しくて一生懸命になるので自分の心拍数まで気にしている余裕がないのも事実。スマホに連動している心拍計を買ってみようかな?とまで考えています。

この段階で行動をしてみる事にしたのは今ならうまく行かなくてもまだ何ともなく別れる事ができるかもしれない、と思ったからです。別の学部とはいえやはり職場恋愛。だからもしうまく行かなかった時にこの段階なら気まずくならないかな、と思ったからです。

正直な所、実は彼女に彼氏がいるのかいないのかすら先日の初デートまで知りませんでした。いや、厳密には彼女に彼氏がいるのかを聞きませんでしたが「学部生の頃が最後」というのでまあほぼ確定ですね。だから彼女を誘った時にもし「ごめんなさい、彼氏がいます」と言われたら素直に引き下がるつもりでした。まあ多分いないんじゃないか?という気はしていたのですがこれは当たって砕けるしかないな、と思っていました。まあ結果的にそういう事はなくそれどころか彼女は最後にデートに行ったのもずいぶん前だという事ですが…。僕としてはどうして?と不思議でなりません。確かに大学院まで出ている方なので勉強/仕事の方が重要で、という事もあるのでしょうが彼女はかわいく魅力的だとと僕は思うし若い頃の写真を見るかぎり本当にかわいいと思うのですが…(実は彼女の若い頃の方がより好みだったりして…)。性格もいいし話をしていても頭の回転がいいからおもしろい。さらに理系の学部なので話もお互いに(ある程度)合う。どうしてこんな子が独りなのか僕にはさっぱりわかりませんが、それはそれで僕にとっていい事と思う事にしました。

まあおそらく理系の人というのが普通の人にはある程度のネックなのかもしれない、という気はします。理系の大学の先生という事はまあ一般の人とは程遠い仕事をしているという事ですから…。それは僕ですらも同じ状況なので容易に理解できます。この理系というのは僕にはプラス要素なのですけど世間一般ではそうではない様です。僕にとっても彼女にとっても分野は違いますがまあ基礎は知っているので研究の話をしてもお互いにどの様な事をしているか、という事は何となくわかるのでそれも会話の楽しみの一つなのですが…。考えてみると本当に理系の方とデートをするのはこれが初めてではないかな?少なくとも科学者とデートをしたのは初めての事で馴染みがあるので少し心地がいいのかも知れません。

彼女の外見は僕にはすごくかわいく思えます。もっとも僕は外見よりも性格の方を重視していますから関係がないと言えばそうなのですけど(でもこの人は無理、という事もあるので…)。でも世間一般から言えば(僕も人の事は言えないが)彼女はぽっちゃりを少し通り過ぎているのだろうなあ、きっと。でもそうだからと言って彼女の価値が変わるわけではない、そう思います。背もちょっと低めなのでアメリカ人の女性の平均身長程度の僕と並んでちょうどいいぐらい。顔はかわいいと思います(がこれはすでに僕が「アバタもえくぼ」になってしまっているからかもしれません)。少なくとも僕の好みの顔である事は確実で、先日、僕が運転をしている時に助手席に座る彼女が僕の顔を見ていたのが普段見慣れない角度からだったからなのかなんとかわいく思えた事か…。

さて月曜日の研究グループのミーティングでCERNにいる同僚と話をしていて来週が検出器の内部に入って作業のできる最後の週。ところが人手が足りなくて、との話が出る。ボスは僕に行けるかどうかは聞かなかったのですが誰か行ける人がいないか?となりました。まあ何とかなるかも、との事でとりあえずは保留なのですが一番すぐに行ける人材は僕…。でも来週の月曜日は彼女との二度目のデート…。ボスに事情を説明して「来週は勘弁してくれ」と頼む事に。それでも一応、「どうしても行かなければならないのなら何とかするけどそうだったら早く教えて」と言っておく事に。でも事情を説明したらどうやら大丈夫そうですが…。

でもこういう事があるから、と彼女には夕方にメールで連絡を入れておきます。彼女の方では来週の二度目のデートがキャンセルになったらそれはそれで残念だけどでも「私の為に仕事をないがしろにしないで」との事。まあ事実上それをした事は彼女には(今の所は)内緒。だってねえ、多分CERNの現地は何とかなると思うのですよね。そうなったら僕がわざわざ行かなくてもいいんじゃないかな、と思えてならないしボスに事情を説明した時にボスも「そりゃダメだ。行きたくないよね」と認めてくれましたし…。でも次のデートは楽しみにしている、との事。そんな事を書いているのにいくらなんでもCERNに行けませんよね…。その返信などをメールからSMSに切り替えて少し彼女とやりとり。実はSMSや日本の携帯のメールって基本的にはそれほど使わなかったのですが彼女とやりとりをしていて正直、楽しい…。絵文字が苦手、というか普段はまず使わないのだけど彼女には使いたいし実際に使いました。なんだか自分が自分でないみたいなちょっと不思議な感じ…。でもそれが不思議に心地いい…。

ただそれでもやはり職場恋愛なのである程度は考えなければなあ、と思います。具体的には彼女とまだ話し合っていませんが僕はとりあえず彼女との関係の事は周りには伏せておくつもりでいます。僕や彼女の同僚との兼ね合いもあるのですが学生たちがその上に絡んでくるので少なくともしばらくは秘密にしておきたいな、と思うのです。彼女の方はまだ若手。だから彼女のキャリアを考えたら学生たちの間で噂になってもらったら困らないか?と思うとしばらくは秘密の方がいいと僕は思うのですね。同僚たちは、特に彼女の同僚たちは、おそらく僕達がつきあい始めたらそれをお祝いしてくれそうな気がするのですが(ちなみに僕の化学の同僚たちは数名を除いては無関心、物理学の同僚たちは無関心ではなくても「ふ〜ん」という程度かと思われます)。

さてここまで書いて寝耳に水の様なお話が一つ舞い込んできました。先ほど書いた様に来週、CERNに行くという話ですがこちらの方は絶対にありえなくなりましたがその一方で近いうちにもしかしたらしばらく行く事になるかもしれません…。うちの大学からCERNに駐留しているポスドクのMさんがアメリカのオークリッジ国立研究所に移籍が決定したのです。勤務地はCERNなので事実上の違いはあまりありませんがそれでもうちのグループから出る事は確実。そうなると後任者を探さなければなりません。でもそんなに簡単に見つかるわけがなくそれまでの繋ぎでもしかしたら僕が行く事になるかも知れません…。もちろん、昨日の今日の話なのでボスの方も僕の事情を考慮してくれるとの事。それでもいったいどうなる事やら…。Mさんの後任者が決定したら、もしくは決定するまで僕がCERNに行ってもいい、という条件とともに僕が来週CERNにいく出張は絶対にない事にしてもらいましたがしばらく行かなければならない可能性は十分にあります。そうなったら彼女との関係はどうなるのかな?とどうしても考えてしまいます…。彼女がどう言おうとも今の段階では僕は彼女と仕事のどちらかを取らなければならないなら彼女を取りたいな、とそう思います…。

« 初デート | トップページ | 三回目のデート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

2度目のデートは、どうなった?ひょっとしたらダメだったの?

みりんさん、
いえいえ、月曜日の晩のデートもうまく行きましたよ。続きは書き始めたのですが僕の恋愛の話ばかりを書くのも何なのでとりあえず自主規制をさせていただく事にしました。月曜の二度目のデートでは食事に行って時間がまだ早かったのでそれから別の店にデザートに行って長々と彼女と話をしました。それから彼女のアパートまで送ってきてでも帰る前に車の中でハグをして、とお互いの気持ちを再確認しました。食事に行った店では店の方に明らかに「カップル」と認識をされてそれでも彼女も嫌がっていませんでしたし…。
土曜日の晩に彼女を自宅に呼んで家デートの予定です。初デートは軽い昼のデート、先日の二度目のデートは仕事が引けてからのデートでどちらもレストランで会っていたのであまり二人きりではなかったので今回はその逆で完全にプライベートになれる自宅です。
天気予報では寒い日なので鍋をつくろうと思っています。日本の家庭料理はオマハでは普通は食べられないので楽しみにしている、との事。僕の方でも一人で鍋を作ってつついても面白くないので彼女(この彼女にかぎらず)と食べるというのはずっと頭の中にあった事なので…。
食後は少しは流れに任せますがテレビで映画でも見る事になるかな、と思っています。何を見るかはまだわかりませんけど恋愛物がいいかな、と思っています。そうしたらムードによっては彼女にキスの一つでもできるかな、と思っています。お互いの事を気に入っている事はほぼ確実ですから二人っきりでもう少し進展させたいな、と僕は思っています。
でも大切にしたいから彼女が嫌がる事はしない事にしています。だからとりあえず僕もゆっくりと進展させる様に気をつけています。これでも一応、まだ「お試し期間」のデートですから…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537785/58810758

この記事へのトラックバック一覧です: 初デートを振り返ってみて:

« 初デート | トップページ | 三回目のデート »