« 十六歳の年に | トップページ | 誕生日(2015年) »

2015年6月30日 (火)

周期ゼミ

子供の頃、毎年、夏になったら外でセミ捕りをしていました。今ではあまりセミ捕りをしている子供を見かけない様ですが僕が子供の頃はテレビゲームもない時代だったので子供は外で遊ぶのが普通。夏はセミ捕りと相場が決まっていた様な物でした。僕が育った金沢辺りでは基本的にはアブラゼミとニイニイゼミが主体。ミンミンゼミは金沢ではあまり見られないところが多いです。

セミの成虫は飼育ができない様な物なので割とすぐに死んでしまいます。そこでまた捕る。という事をよくしていました。同い年の従弟を連れて、場合によってはその妹にあたる従妹まで連れてよくセミ捕りをした物です(ちなみになぜか兄とはあまりセミ捕りをした記憶がなく何年も経ってからそういう話をしたら兄は「目が悪くて見えなかったから捕まえられず面白くなかったからあんまりしなかった」との事)。僕にしてみると子供の頃に慣れ親しんだのが夏のセミです。

さてオマハでは毎年、七月の終わりから八月頃に夕方に鳴くセミがいます。ところがアメリカの一部では周期ゼミと呼ばれる十三年、もしくは十七年に一度だけ出てくるセミがいる地域があります。基本的にはせいぜいで中西部までしか生息していませんし十三年、もしくは十七年に一度しか出ないのでいない時にはいないけど出てくる時には大量発生するそういう不思議なセミです。

基本的には東海岸の物なので僕はてっきりオマハ辺りにはいないと思っていたのですが一月程前に生物学の昆虫を研究している先生が「六月にこのあたりで十七年周期ゼミが発生するから観測に行くけど一緒にこないか?」と誘ってくれたのがオマハ辺りに周期ゼミがいる事を知ったきっかけでした。

それからしばらくしたある日、キャンパス内を歩いていたらセミの声が聞こえてきます。すぐに持っていたiPhoneで録音をしてその音をいじって聞こえやすくいした物がこちら。 まあ普通のいわゆるセミの声です。僕はまさか大学のキャンパス内にいるとは思っていなかったのですぐに昆虫学者のB先生を呼びにいって二人でしばらく耳をすます事に。待つ事数分、「ああ、これは確かにセミだ。この時期でいるセミは周期ゼミだけだからまず間違いないし、鳴き声も正しい」との事。実はそれまではキャンパスに周期ゼミがいる確認はできていなかったとの事。オマハ辺りではいる事はいるのですが木の数が多くはないのでそれほど絶対数が多くないらしいです。またこの時は「まだ出始めだからもうしばらくしたらたくさん出るはず」との事。

さてそれから二週間程してようやく天気も落ち着いてきたある日、昆虫を研究しているそのB先生が周期ゼミを見に行こう、と誘ってくれました。一応、生物学の職員全員と僕に声がかかったわけですが結局行く事にしたのは数名。二台の車に分かれてオマハから少し走った先にあるシュラム州立公園まで行ってきました。その時の写真がこちら。

Schramm1
Schramm2
Schramm3
Schramm4
Schramm5
Schramm6

なんと驚いたのが森の辺りを歩いているだけでセミが飛んでぶつかってきてそのままぶつかった物(および人間)に停まってしまう事。一時は僕の背中にこの通り、三匹も停まっていました。

Schramm7

こうして人に停まったセミ、そのまま歩いても平気な顔でじっとしているのですから驚きです。子供の頃にセミを捕っていた僕の常識からはセミって基本的には網がないと捕れない物なのですが周期ゼミはかなり勝手が違う様です。

周期ゼミは北米にしかいないので初めて周期ゼミを見たヨーロッパ人たちはセミの事を聖書のイナゴの災いと考えてそのせいでアメリカ英語ではセミの事をlocust(本来はワタリバッタの事)と呼ぶ人もいます。これはヨーロッパ人たちがワタリバッタ(イナゴ)とセミの区別がついていなかった事に由来します。まあワタリバッタやイナゴを見たことがないけど昆虫だと知っていてその上で大量発生した昆虫をみたらそれはそう思ってもまあ不思議ではありませんが…。

どちらにしても話には聞いてはいましたがちょっとビックリする様な光景でした。次は十七年先になります。十七年後に覚えているかな、周期ゼミの事を?と少し考えてしまうそんな不思議な光景でした。

« 十六歳の年に | トップページ | 誕生日(2015年) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537785/60564514

この記事へのトラックバック一覧です: 周期ゼミ:

« 十六歳の年に | トップページ | 誕生日(2015年) »