« 誕生日(2015年) | トップページ | 母を想う »

2015年7月28日 (火)

出張(2015年夏)

久しぶりに今週は出張です。今回はロングアイランドの国立研究所。別に今週でなくてもよかったのですが諸般の事情から今週が一番都合のよい週であろう、との事で今週になりました。僕が元々予定していた事はそれほど多くないので月曜日の早朝に出て金曜日の夜にはオマハに戻るというまあ短い出張です。

今回の一番の目的は十月にオーストラリアのメルボルンで行われる学会での発表に関連した作業です。加速器などの制御系の大きな学会の次の開催地がオーストラリアになるらしいと聞いたのが二年ちょっと前に行ったオックスフォードでの別の学会での事。最初は行けないだろうなあ、と思って気にしていませんでしたがよくよく調べたら何とうちの大学の秋休みと同じ日程。休みと同じ日程という事は教えていても行く事ができるという事なので昨年から「どうやって行こうか?」と画策をしていました。

最終的にはそれなりの考えがまとまり、ボスに話を持ちかけたのが今年の一月の半ば。既にCERNの人たちとも若干の話をして何とかめどが立つ様にはしてありました。それからアブストラクトを提出したのが二月の終わり。当初は大学院生が一人、参加していましたが結局何もしなかったので僕が自分でプログラムを書く事にして何とかプロジェクト全体のめどがついたのが今年の五月になってから。それでも二日程でプログラムをほぼ書き終えて実験室でテストもしたので後は実際に実験場でテストもしておしまいの予定です。実の所は実験場でテストをしなくてもまあ何とかなるのですがアブストラクトに「実験場でテスト」と書いた手前、やはり行かなくてはならないので実質、三日間のみの短い出張です。

元々はそれだけのはずだったのですがだんだんと予定が変わっていきまずは六月に実験が終了してから後のミーティングが行われていないのでそれを僕がいる週に持ってくる様になり、それから三月の頭に僕がやる事に決定した別のプロジェクトの打ち合わせを現地の人たちとする事になり、また更にはこの数週間の間にこれまで使っていた古い組み込みコンピューターの代わりになる新しい組み込みコンピューターの使い方がようやくわかったのでその実証に使うための部品を持ち帰ってこなければならない、などだんだんとする事のリストが長くなっていきました。まあ仕事で行くので当たり前と言えば当たり前の話なのですが…。

実は今週行く事になったのはもう一つ理由があります。僕の彼女がほぼ同じ時期に学会に出席するので留守なのです。僕の場合はいつでもいいのでならばいっその事、同じ時に僕も出張に行けばいいや、と判断をしたのです。彼女の方はカナダのエドモントンで開催されている学会に出席するのに金曜日の朝に出て行きました。水曜日までの学会らしいので戻ってくるのは水曜日かもしくは木曜日のはずです(実は聞いていないのです、そこまでは)。僕の帰って来るのは金曜日の夜なのでまあ来週は会えない計算になるのですが…。

せっかく東海岸に行くのでいつもの様に今回もおいしいお寿司を食べに行く予定です。当たり前の事ですがオマハよりもずっと新鮮な物が食べられますから。他にもいつもの様に魚介類を食べられる店に行ってまあ何とかなるであろう、と思っています。月曜日に行って金曜日の夜にオマハに帰って来るので日数的にも短いので今回は宿舎で自炊はない物、と思っています。まして夏の今頃は宿舎は学生で溢れかえっていてキッチンが事実上使えないであろう、という事もありますし…。それも想定内の話です。

さて月曜日の飛行機は六時十五分オマハ発なので迎えが来たのが朝の四時四十五分。当然、それに間に合う様に起きなければならないので起きたのはその一時間前の三時四十五分。早起きの僕にしてもまだ早いです。途中、道路工事が行われていたので若干の迂回をしたぐらいで後は無事に空港に予定通りに到着。空港でしばらく待ってから搭乗です。

Omaha_flight

今回はシカゴで乗り換え。シカゴにも無事到着。まずは朝食を食べてから次の飛行機のゲートまで向かいました。シカゴからはニュージャージー州のニューアーク空港まで飛ぶのですがゲートがなぜかちょっと外れた所。シカゴ・ミッドウェイ空港のA4ゲートってずいぶん他のゲートから離れた所にあって初めて使いましたが外れた所にあるので静かでかえってよかったのかも知れません。うるさくなかったですし…。

その反面、空港設備の監視がどれだけ行き届いていたのか?と不思議に思う事もいくつかありました。例えばゲート待合所の所にあった売店。閉まっていたわけでもなく(閉店の表示がない)むしろコーヒー淹れなどの状態から判断するに開いているはずなのですが誰もいない状態…。その手前にある売店では客が並んでいるにもかかわらず自分が休憩なので休憩に行くのを優先して客が何を欲しいのかを聞かずにそのまま出て行くというちょっとアメリカでも普通は考えられない事をされてしまいました…。コーヒーを欲しかっただけなのにエラく時間がかかってしまいました。空港でも辺境で人が来ないとサービスも悪くなるのかなあ、と考えてしまいました…。

さてニューアーク行きの飛行機は満席。満席どころかオーバーブッキングされていたらしく次の便で行ける人を探していました。僕の場合は今回は今日中にたどり着けばいつ到着してもあまり変わりがないので一応、考えましたが僕よりも先に誰か他の人に先を越されてしまった様です。まあどっちでもいいのですけどね…。

Newark_flight

ニューアーク空港に到着してから先がキツかった。これまでラガーディア空港とロングアイランドのマッカーサー空港から国立研究所に行った事はあったのですがニューアーク空港からは初めて。そこから車を運転していったら三時間半ぐらいかかりました。途中で道を二度ぐらい間違えてマンハッタンを通過して一度、事故になるか?と思うぐらい怖い目にあってようやく到着です。なれない事をする物ではないですな…。

Bnl_room

予想外に到着するのに時間がかかったし疲れたので今日はここまで。明日、火曜日から仕事です。

« 誕生日(2015年) | トップページ | 母を想う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537785/60924124

この記事へのトラックバック一覧です: 出張(2015年夏):

« 誕生日(2015年) | トップページ | 母を想う »