« 出張(2016年1月その2) | トップページ | ようやくのお休み »

2016年1月17日 (日)

MacBook Pro

五年ぶりに新しいMacBook Proを買いました。まあ五年がだいたいの限度ですね。これまで使っていたよりも前のモデルも確か五年ぐらい使ってようやく新しくした記憶があります。面白いのはこれまで使っていたMacBook Proを買ったのが五年前の二月、ロングアイランドの研究所に出張で行く前日。今回は注文をしたのが研究所に行く直前でしたが実際に受け取ったのは帰ってきた翌日。ある意味、対称になっていますね。

何だか早くに目が覚めてしまったので早朝にFedExまで回収に行って来ました。それからちょっと職場に寄ってスーパーで買い物をして家に帰ってから一時設定です。とりあえず必要な物を古いMacBook Proから動かして必要なアプリを少しずつインストールしていきます。Microsoft Officeも必要ですがこちらは諸般の事情から職場で対処したほうがいいと判断したのでこちらは後日にします。まあ一日、二日程度使えなくてもそう困りません。

今回買ったのは例によって13インチのMacBook Pro。僕は扱うデータの量が多い方なのでその関係上、どうしても16 GBのメモリーと1 TBのディスクが必要、と常々思っていました。実はこれまで使ってきたMacBook Proもその条件を満たしていたのですが電源の具合がよくなくて事実上、バッテリー駆動がかなり厳しいという状態にあった事やさすがに使えない新機能が出てきた事などから「そろそろ購入を考えないとなあ」という状態でしばらくいたのです。最終的には先日、何度か「もうダメだ」と思う様な事があってどうしようか?と思っていたところ、この数週間の間にBroadwellのiMacを使ってきて悪くないな、と思い、更にSkylakeの生産が遅れているらしい、という話を聞いたからです。

Mbp1
Mbp2
Mbp3
さて実際に使い始めて思うのがまず軽いという事。光学ドライブが内蔵されていないのでその分、薄く軽くなったという事もありますがとにかく軽いと思います。このぐらいなら15インチでもよかったか?という気がしないでもありませんが13インチというサイズが好きなのでこれでいいや、と思います。また動作も軽く速いです。こちらはまあ当たり前といえば当たり前。何しろ、CPUが新しく速いのですから。その上、ディスクもSSDがPCIeに接続されているのでこちらも速くなる要因の一つなのでしょうね。

このモデル、実は昨年の三月からあるモデルで時期的には「近い将来におそらく新しいモデルが出る」のであまり買うのを勧められる時期ではありません。が、僕の場合は「そろそろヤバイ」という状況にまで来てしまっていたので購入をこの時期に決意。要因としてはこれまで使ってきたMacBook Proの問題もありましたがしばらく前によく調べてみたら1 TBのSSDはアップルから直接買ったほうが安いという事に気がついたこともあります。

最近のMacの大問題として基本的にはハードウェアのアップグレードが全くできない事にあります。以前ならばCPUの一番いいモデルを買ってメモリーとハードドライブは後々、交換して大きくしていく、という事ができたのですが今はそれができず「購入時にできるだけいいものを買う」のが正しい買い方になってしまっています。当然、初期費用が大きくなってこれまで手を出さずにいました。まあその当時はお金と時間があったら彼女と使う、という事を考えてもいましたし…。

もちろん、新しいモデルに移行するということは一部で使えなくなる周辺機器がでる恐れがあるという事でもあります。一番先に出てくるのがMagSafeの形が違う事。こちらはアタプターを購入して対処。また家での一番の問題はこれまで使ってきたHenge Dockが使えなくなる事。Henge Dockに関しては随分前に一度書いています。新しいHenge Dockを買うか?とも考えたのですが調べてみると最近は値上がりして120ドルもします。その上、これまで使ってきた経験上、時々、ケーブルのコネクターがずれたりするので使えなくなったりして便利は便利だけど、というのが率直な意見。また最近ではこういう物も売っている事が判明。まあこれもこれで単なる物理的にMacBook Proを縦にしておくスタンドと思ったらこれで50ドルは高いと思うのですが…。その一方でこういう強者も。総額3ドル程度でできるそうです。実はこれも考えたのですが送料に10ドルぐらいかかるのでIKEAが近くにないオマハではちょっと無理な話です。

が、物理学の工作室の人に聞いてみたら「何か作る」との事。それまでは当面、なんとか自分で工面する事にしました。やっぱり家の書斎で使っていると縦置きできる方が便利なのですね。そこで作って頂いたのがこれ。

Mbpstand1
Mbpstand2
Mbpstand3
大きな塩ビパイプを切って作ってくれました。実は塩ビパイプの話は最初からあったのですが普通に輪切りにして溝を作ればそれでいい、ぐらいに話をしていたのですがまさかこういう切り方をしてBookArcの様な物を作ってくるとは思いませんでした。

しばらく使ってみて一番おもしろいと思ったことの一つがスピーカーがかなり改善されている事。正直、MacBook Proの内蔵スピーカーってあんまり音がいい物ではありませんでしたからね。下側の両脇にあるスリットは空気穴かと思ったらスピーカーの穴なのですね。音がかなり以前よりはよくなっています(がそれでも大した音質ではないか)。

全体的にはこれまで使っていたモデルよりも薄くて軽いので毎日の持ち運びも楽、とにかく速い、と問題無し。時々、キーボードのキーの具合か何かで"I"のキーが少し引っかかる感じもないでもないのですがこれはおそらくそのうちに無くなる物であろう、と思っています(か僕の方が馴れてしまうか)。予定ではまた五年ぐらい使うつもりでいるのですがハードウェアのアップグレードができないこのMacBook Proでどのぐらい持つのか?というのはちょっと不安でもあります…。まあもっとも今となってはもう前進あるのみでこのまま使い続けるしかないのですが…。

« 出張(2016年1月その2) | トップページ | ようやくのお休み »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537785/63508190

この記事へのトラックバック一覧です: MacBook Pro:

« 出張(2016年1月その2) | トップページ | ようやくのお休み »