« アパートから宿舎へ | トップページ

2017年12月20日 (水)

ジュネーブから金沢へ

先々週ぐらいに自分の仕事を終わらせてしまったのでこの二週間程はそれほど忙しくないそういうちょっとゆったりとした日々でした。そうゆう中、遂に年末近くになり、年末年始の帰国の日になりました。

アパート引っ越しの時にも書きましたが、最後の数日はCERNの宿舎でした。荷物のほとんどはオフィスだったのでオフィスが基地となってでしたけどね。

相変わらず起きるのが早いので出発当日も早い時間のバスに乗って空港に向かいました。遅いよりも早いにこしたことはないですから。

今回の帰国はまだ転職が決まる前、十月頃に決めました。ポーランドの航空会社ですがとにかく安い。ジュネーブ成田の往復で何と、6万5千円。どうしてこんなに安いの?と思うぐらいです。しかもワルシャワー成田の飛行機はボーイング787と最新鋭。乗り換えがワルシャワとちょっと変わった所ですがその値段なら、と購入しました。

相変わらず荷物が少ない僕。スーツケースを持っていないのでダッフルバック二つです。

Img_0284
大きな方には木箱に入ったスイスワインが一本にチョコレートにフォンデュ陽のチーズ。小さな方にはフォンデュの鍋がダンボール箱と緩衝材とともに入っています。フォンデュ鍋の中にはクリスマス用のオーナメントまで入れてあります。そう、今回はお土産を用意してあるのです。アメリカ、それもオマハではなく今回はジュネーブからなのでお土産として喜ばれる物があるのですね。

最初は大きなのだけを預けるつもりだったのですが、なんと、2つまでは無料なので結局、空港でどちらも預けて今回は本当に身軽にしました。どちらにも割れ物が入っていますが多分、大丈夫だろうと信じて、です。

さて、ジュネーブからワルシャワまでの飛行機はガラガラ。

Flight
離陸直後にはちょうどCERNの僕のオフィスの真上あたりを通過して行きました。そうか真上を時々通過する飛行機の一つなんだな、と認識しました。

Cern
日本との時差を考えると寝ておいた方が明らかに有利なので半分以上は寝てました。

ワルシャワでは出国管理のお姉さんにちょっと尋問されました。シェンゲン地域に最後に入ったのが随分前なので「どういう事?」と思われたのですがスイスカードを見せたらすぐに通してくれました。

お姉さん曰く、「シェンゲン地域に入ったのは随分前にポルトガルなんだけど?」おかしいなあ?と思って後でパスポート見たらいえいえ、最後は五月にパリのドゴールでしょう?まったく何を見てるの?ですが向こうは役人ですししかも通過した後なので文句も言えません。しかしまあ出ていく分には関係なくないかい?と思うのですけどね?

ワルシャワから成田の飛行機もかなり空いていました。すぐ隣は空席。通路側にツアーでやって来ていた感じの日本人の女の方。日本人はほとんどみんなツアーだったみたいです。

さて、成田に到着したのは予定よりも少し遅れた時間でした。その上で荷物の出てくるのが遅い事!おかげでようやく通関した時には思っていた成田エクスプレスには乗れず、もう一本後のに乗る事に。それによって自動的に金沢に戻るのも思っていたよりも一時間遅くなり金沢に着いたのは午後四時半。やはり金沢は成田からはまだまだ遠いなあ、と実感しました。

« アパートから宿舎へ | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさいませ。
日本での正月のんびりですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537785/72500993

この記事へのトラックバック一覧です: ジュネーブから金沢へ:

« アパートから宿舎へ | トップページ